2018年02月26日

ホワイトラビット 伊坂幸太郎

ホワイトラビット 伊坂幸太郎 新潮社

 本屋大賞候補作「AKアックス斧」の出来が良かったので、この本も読んでみることにしました。

 仙台市内、一戸建て籠城事件「白兎事件」です。

 主人公は、兎田孝則(うさぎだ・たかのり)。誘拐業。経験2年

 犯人らしき者は、今のところ(40ページ付近)、黒澤、中村、今村の三人組

 オリオン座。五角形の下に台形をくっつけたような正座(物語の下地となる。二等星の三つ星あり。)。ペテルギウスとリゲルが一等星。ひしゃく型は北斗七星

 犯罪者の側からの記述が続く。

 オリオオリオが経理の話で逃げている。

 時刻の位置が不明。意図的に時間を操作してあります。

 勇介とその母親の家に賊(ぞく)が入る。

 セリフが多い。セリフが進行役です。

 黒澤、中村、今村の三人が仕事をする。空き巣業。

唆す:そそのかす。読めなかった。

(つづく)

110ページ付近まで読みました。
レ・ミゼラブルがそうなのかどうかわかりませんが、どうもその真似をしてあるらしく、作中に書き手である小説家が登場してきます。そして、解説をします。

SIT(シット)の夏之目課長が捜査の指揮にあたります。

譬え:たとえ。読めませんでした。 蘊蓄:うんちく。同じく。

「綿子ちゃん」というのは、犬か猫じゃなかろうか。

いい表現として、「個人情報を出さないでくれ」、「行動を自重させるのは法や道徳ではなく損得勘定」

調べたのは、「トートロジー:無意味な同語反復」

(つづく)

 オリオン座が深く関与してきます。星座のことは知らないので星座の写真を見ました。きれいでした。

 仙台市内の地図を見ました。5区、人口100万。書中では、田舎とあります。

 読み続けています。おもしろいことはおもしろい。話は少し複雑ですが、なんとか理解に努めようとついていっています。

 途中で、「?」。(あとでわかります。)

 「ほう(驚きと、感心のため息)」

 204ページです。あと、64ページ。40分間ほどで読み終えます。

(つづく)

 読み終えました。「AKアックス」のほうが、はるかにおもしろくてためになります。
 本作品を読むための下地として、オリオン座をめぐる星座の知識、作品レ・ミゼラブルの知識があるといいのでしょうが、あいにく、自分には備えがありません。

良かった表現として、「(主旨が)説明不足」、「(いたぶるシーンで)娯楽だ。」、「そういう無駄なところが物語を豊かにする。」

読めなかった文字として、「目を瞑れば:めをつむれば」

嫌だった表現として、DVめいた稲葉の行動

わからなかったこととして、「ホステージ:人質事件のアメリカ映画」

黒澤の男気がテーマか。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t127312
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい