2017年05月27日

アランの歯はでっかいぞこわーいぞ 2017課題図書

アランの歯はでっかいぞこわーいぞ ジャー・ヴィス BL出版 2017課題図書

アランというのはワニです。
ちいさな子どもさん向けの大きな絵本です。
わたしはおとなだから、へんなふうに考えるのです。

ワニの歯は武器です。
武器と言えば北朝鮮の核ミサイルです。
そんなふうに想像が重なるのです。
おいらは、核ミサイル(とんがったたくさんのワニの歯)をもっているぞ。
おいらの言うことをきかないと、ミサイルを撃ち込むぞ。(嚙んじゃうぞ)

アランの行動からは、みんなと仲良くなりたいという気持ちがくみ取れません。
自己顕示欲(じこけんじよく。めだちたい)の固まりです。
弱い者いじめの面もあります。
カエルやオウムはちいさい。

アランの朝の支度(したく)は、女性のお化粧シーンのようです。

種明かしである「入れ歯」はおもしろい!
 
改心したアランはおもしろくないし、改心などしないし、嘘つきに決まっています。

でんでん虫(かたつむり)が至る所に出てきます。
なにか意味があるのでしょう。
でも、その意味はわかりませんでした。
それから、このお話を書いた人の国籍もわかりませんでした。


この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい