2016年09月20日

沈まぬ太陽 邦画 DVD

沈まぬ太陽 邦画 DVD

 小説は読んだことがありますが、映画は初めてです。(ところが、このあと記録を調べたら、小説は読んだことがなく、映画は2012年にテレビの録画をみていました。加齢でぼけてきました。気持ちは初見(しょけん)です。

 1本目の柱が、労働組合活動です。これは、なんとも言い難い。ストライキ中心の活動が利用者にどれだけ迷惑をかけたか記憶に残っています。
 2本目の柱が、御巣鷹山(おすたかやま)羽田-大阪間、ジャンボジェット機、圧力隔壁尾翼がはずれての墜落事故です。もう30年ぐらい前のことですが記憶はそれほど薄らいでいません。遺族をたずねて、遺族の声を聴いて、謝罪する。後半、主役の渡辺さん(恩地さん)が、自分が制裁人事でアフリカナイロビに飛ばされることよりも、ご遺族がもう二度と亡くなった家族に会えないことのほうがつらい(絶望)と言う姿に、人間は「気持ち」が大事だと再確認しました。いずれのご遺族のお話も涙なくしては聴けません。交通機関運行の使命は、「安全-安全-とにかく安全」に尽きます。
 3本目が、恩地さんの家族です。最終的には、御巣鷹山も含めて、「家族」のあり方を追求された作品だと受けとめました。

 映画は演技ですので、現実とは離れて、俳優さんの動きやセリフを観ました。悪役の三浦友和さんは名演技です。恩地さんの奥さんの鈴木京香さんも良かった。
 親父の渡辺さんと息子役の俳優さんが、牛丼屋でメシ食うシーンがGoodでした。渡辺さんが紅ショウガを山盛り、息子のどんぶりに入れたのが良かった。
 石坂浩二さん、香川照之さんの演技も好感をもちました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t118687
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい