2016年04月27日

雨に唄えば 洋画 DVD

雨に唄えば 洋画 DVD

 力に圧倒されます。
 1952年のアメリカ映画で、内容は、今から90年ぐらい前のことです。無声映画からトーキー(発声映画)への転換期のことが描かれています。女優の新旧交代時期です。

 俊敏な動き(ダンス)、張りのある歌声、よくしゃべる男優たち、アイデア(発想)の露出が大量で、かつ、有効的で、すごい。

 雨の中、傘をもって歌って踊る名シーンは、106分経過後ぐらいにあります。つらくてもきっといいことがある(雨に負けず耐えぬけば、晴れる日は必ず来る。)

 カラフル(多彩)な色彩、はじける映像です。すごいパワーは、すぐれものです。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t116177
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい