2016年04月16日

「かちかちやま」と「そんごくう」 ポプラ社

「かちかちやま」と「そんごくう」 世界名作ファンタジー ポプラ社

「かちかちやま」
 たぬきは、まるで、近所にいるわるがきのようなポジションです。
 大根を盗んで、おじいさんをばかにします。
 民話とはいえ、たぬきをわなでつかまえて、たぬき汁にしようというのは、残酷です。されど、たぬきは、悪人として全開です。たぬきは、涙でおばあさんをだまして、おばあさんに暴力をふるいました。
 そして、あだ討ちです。戦争は終わりません。
 うさぎは、たぬきに対して、せなかを焼き、患部にからしをぬり、海に沈めて、体罰を許す内容です。賛否両論、分かれるかもしれません。

「そんごくう」
 有名な昔話です。
 にょいぼうは、なつかしい。
 きんとうんだったっけ。雲にのって移動です。
 閉じ込められ期間500年は長い。
 ちょはっかい、さごじょう、そして、さんぞうほうしです。
 金かく、銀かく、ひょうたん吸い込み合戦です。
 壮大な仏教物語でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t115976
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい