2016年03月10日

結婚しない男たち増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル

結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男(だん)」のリアル 荒川和久 ディスカバー携書

 コンビニで見かけて、面白そうだったので、衝動買いをしました。
 「ソロ男(だん)」という言葉が今年の流行語になるのかどうかわかりませんが、タイトルは魅力的です。
 
 独身20代~50代、独り暮らし、ちゃんと働いて自活している。ちゃんと生活できる収入がある。(300万円~500万円の平均年収)。冒頭付近では、彼らを消費の対象者として観察して、分析して、商売に生かすというような、この本の趣旨が書いてあります。

 今風の男子を優しく弁護して肯定する本です。彼らは、こだわりが強くて、お菓子が好きで、子育てが無い分、お金と時間を趣味につぎ込みます。

 長時間労働を嫌い、自殺しないように自己管理でメンタルケアをする。3組に1組は離婚するという現代の夫婦統計があるから、無理して結婚を選択しない。

 結婚はしないけれど、パートナーはいるらしい。こどもは、妊娠ではなく、人工授精とかでもいい。なんだか、未来予想マンガみたいな世界になってきました。同性婚もあり。家族づくりは、契約社会です。

 読み手として考えるのは、「孤独」です。ちょっと耐えられない。わずらわしくても家族がいてほしい。
 ただ、この本に書かれているような男性の未婚化の流れは止めることができそうもい。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t115316
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい