2016年01月24日

アンパンマンシリーズ フレーベル館

アンパンマンシリーズ フレーベル館

 本屋に売っていない本が直木賞の候補になり受賞しました。がっかりしました。読者無視です。
 翌日、本屋大賞候補作2016年の10作品が紹介されました。そのうち9作品は既読でした。自信を取り戻しました。

 これからしばらくは、コンビニで売っている本を中心にして連続的に読んでいきます。出版不況と言われて久しいのですが、実用書は売れていると思うのです。

○アンパンマンチャレンジポップ あいさつなあに?
 1歳半の孫・男児のために買いました。あいさつは大事です。教えなければできません。飛び出す立体絵本です。サイズは小さいが、大きさは、これでいい。
 「おはよう」、「こんにちは」から始まります。めいけんチーズを久しぶりに見ました。これはいい絵本です。

○アンパンマン知育えほん かず
 1から10までです。これも立体めくり方式です。
 ぞう、ライオンと続きます。ぶたさんが、かわいい。とりさんもいい。さいごは、かびるんるんで、〆ます(しめます)。

○アンパンマンとどうぶつえん
  写真がリアルでちょっとこわい。ライオン、虎、まあいいか。他のどうぶつはかわいい。
  絵本は、手提げ袋みたいな形式で、持ち歩きができます。遊べそう。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t114556
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい