2015年12月06日

グラディエーター 洋画 DVD

グラディエーター 洋画 DVD

 奴隷扱いされた剣闘士の話であり、殺人行為は残酷です。その点で、わたしの好みには合わない映画でした。
 生き残り合戦です。壮大な戦争映像です。
 原野や農村、コロシアムの風景はゆったりとした時間帯のなかで流れていきます。ミニチュアのローマで、おおぜいの人形が動くシーンがよかった。雰囲気は、テルマエロマエ(温泉映画)ですが、内容は支配する者とされる者の争いです。
 殺された妻子のことを考えた仇討の面をもった内容で、人の心を動かす原点は、そこにあるのかなと再確認できました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t113430
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい