2015年12月03日

レオン 洋画 DVD

レオン 洋画 DVD

 94年フランス・アメリカ映画です。初めて観ました。今年観て良かった映画の1本です。
 腕利きの殺し屋レオンと12歳のマチルダが一緒に暮らしながらマチルダの家族を皆殺しにした組織の相手に復讐をする物語です。正確には、マチルダの弟4歳を殺した相手が敵(かたき)です。赤穂浪士四十七士のようでもあるし、ランボーのようでもある共通の快感がわきあがります。
 ありえない映像シーンが続きますが違和感はありません。ミュージックもファッションもグッドです。麻薬を扱う組織のボスであるスタンは、何なんだこいつはという人物・人格設定です。
 殺し屋の職を「掃除人(そうじにん)」と呼ぶ。レオン役のジャン・レノさんは、殺し屋の悲しき職業ぶりをうまく演技に出しています。マチルダ役のナタリー・ポートマンさんも魅力的です。
 愛嬌あるブタの話、いつも手放さない植木のポット(植木鉢)、セリフは少ないけれど、凄味(すごみ)があります。スゲーと声が出るほどの名作です。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t113383
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい