2015年11月28日

ノッティングヒルの恋人 洋画 DVD

ノッティングヒルの恋人 洋画 DVD

 英国ロンドンを舞台にした気が休まる映画でした。今年観て良かった1本でした。
 アメリカハリウッド女優(当然美しい)とロンドンノッティングヒルで旅行書を専門に扱う書店主とのラブストーリーでした。
 考えてみれば、登場人物の全員が男優であり、女優であるわけですから、ジュリア・ロバーツ演じるアナ・スコットの存在に緊張する必要はありません。
 会話の中身がいい。下ネタもトイレ話も期待通りでした。最初のほうにある本の使い道(読む以外の包み紙にするとか)がおもしろかった。
夢です。ありえないお話ですが、鑑賞者に幸せをもたらしてくれます。ラストは、オードリー・ヘップバーンの「ローマの休日」を思わせてくれますが、結論は正反対です。それでいい。それがいい。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t113307
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい