2015年05月17日

ALWAYS 続・三丁目の夕日 DVD

ALWAYS 続・三丁目の夕日 DVD

 芥川賞候補になった短編が、赤の他人3人を引き寄せて、疑似家族になる。それが大きな流れです。そこに、お金では買えないものとか、真面目に暮らしていく営みとか、一番大事なものは「気持ち」とかがからんでいきます。
 行きたくても行けない同窓会ってあります。
 歳をとってわかったことがあります。今も、両方が生きているということは、とてもすごいことです。亡くなってしまうことがままあるのです。
 怪獣ゴジラから続く話の展開はいささか芝居がかっていますが、それはそれでいい。ゴジラの動きが歌舞伎役者の動きに見えます。
 伏線として、1作目のシュークリーム、それから、冒頭付近で出る24色の色鉛筆、決めゼリフとして、3人で見ているから夕日がきれいなんだ。
 どうやったら、こんなに優しい脚本が書けるのか、撮影ができるのか、演技ができるのかと感嘆しました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t108897
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい