2015年04月15日

久しぶりの奈良市内散策

久しぶりの奈良市内散策

人事異動で職場を変わって、カレンダー通り、休日にちゃんと休めるようになりました。
さっそく日帰りで奈良市を訪れました。
興福寺五重塔となんとか堂です。金という文字がついたような。
「阿修羅像」を見学しました。パステルカラーで明るい。
以前は、ガラスごしの陳列でしたが、じかに見る形式で、宝物館は動線が以前とは変わっていました。



国立博物館は、仏像博物館みたいな名前に変わっていました。改修工事のために当分は休館と看板が出ていました。さびれた感がただよっていました。なんだか、3月に東京で見た築地本願寺に似ている。



東大寺はいつ見ても巨大です。
前回の訪問は、記録を見ると、2012年5月でした。
40代の頃、悩み事があるとよく大仏さん頼みをしていました。
この日は、正面からよく見えました。






東大寺の参道は中国人観光客が多い。
中国語、英語、韓国語、フランス語、ポルトガル語などが飛び交い、さすが国際観光都市奈良です。



二月堂。お水取りを見学したのは、2009年3月でした。
今回の旅は、ふりかえりの旅です。



若草山の山焼きを見学したのも2009年3月です。



このあと、春日大社を経て、参道を下りました。
途中で見た物産館が、この日に見た景色で一番美しかった。



昔よく行った秋篠寺の苔は健在でした。お堂の中で、仏像群をながめながら思ったことです。
何も変わっていない。1300年ぐらい、ずっとこの状態でいる。
入れ替わるのは人間たち。
人間たちは、命が途絶えて学習できないから、同じ不幸を繰り返す。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t108086
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい