2014年09月02日

天使のくれた時間 映画 DVD

天使のくれた時間 映画 DVD

 かっこ悪くも働いているお父さんに観てほしい映画です。いやされます。
 孤独と大金は隣り合わせにあります。お金だけで成り立っている生活に愛はない。あなたの宝物はお金とプライドのあるぜいたくな生活ではなく、愛する人たちと一緒にいる「時間」です。
 こどもがかわいい。タイムトラベルをしてきた未婚の父親に向かって「地球へようこそ」。そして最後に「おかえりパパ」
 いい奥さんだなあ。彼女のセリフ「それは見かたによるんじゃない。(今の生活は)最高のサクセスストーリーよ。」
 男優さんはひとつの個性でふたつの人生を体験できました。幸せ者です。
 ふたつのミュージックが重なるシーンがよかった。ララララララ I love you.13年前も今も変わらず愛している。
 結婚するということは、もうひとりじゃなくなるということ。自分のためだけの人生は送れなくなること。みんなのために生きて老いていくということ。支える存在になること。
 観終えたとき、亡くなった親族たちが、今の自分を生かしてくれていると感じました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t102837
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい