2013年02月24日

うちの3姉妹 しょの1 松本ぷりっつ

うちの3姉妹 しょの1 松本ぷりっつ 竹書房

 以前本屋さんに並んでいて、迷った末に買わなくて、翌週行ったらもう売り切れていた本です。そんな話を家族にしたら、買ってきてくれた1冊です。まんがの本です。
 母親のこどもたち観察日記です。ブログだったものが書籍化されたようです。ちいさなこどもさんをもつおかあさんたちが読者なのでしょう。
 ここには、不倫とか浮気とか夫婦げんかとか、そんな痴話話(ちわばなし)は出てきません。現実的ですがメルヘンの世界です。こどもさんは、6歳児フーちゃん、3歳児スーちゃん、1歳もしくは2歳児のチーちゃんの全員女子です。女子であること、3人という複数であることから、ご家庭はさぞ明るいことでしょう。
 特別なことは書いてありません。日常のささいな楽しい出来事の連続です。実生活では、3年から5年間ぐらいの時代です。作者だけの家庭の特別な出来事ではないので、どこのおうちでもあることでしょう。おでかけするとこどものトイレで苦労するとか、水族館で楽しむとか、ささいな平凡な積み重ねは、知らず知らずの間に過ぎていきます。そういったことを記録することが、サザエさんとかちびまるこちゃん、クレヨンしんちゃんのような長寿漫画につながっていくのでしょう。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t87982
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい