2012年06月10日

日本人の知らない日本語2  蛇蔵&海野凪子


日本人の知らない日本語2  蛇蔵&海野凪子(なぎこ) ㈱メディアファクトリー

 「こんにちは」の語源は、「きょうは○○する」だから、「こんにちわ」ではなく、「こんにちは」と言う、あるいは書くという記述にはほーっと感心しました。わたしも「こんにちは」か「こんにちわ」か迷うことがあるのです。
 原案から画像化(漫画化)に時間をかけている良書です。漫画ですが、小説だと錯覚するのです。
 単語の羅列(られつ)だけで話す人、あれそれこれの指示語だけで話す人、無言で紙だけを出す人、自分の意思を言葉で相手に伝えられない人がいます。
 書中にある外国人留学生向けの日本語テストは難しい。日本人のわたしでも解(と)けない問題があります。わたしは、外国人留学生のように日本語にこだわれない。だからわたしは、日本語教師にはなれません。
 76ページの水餃子(ぎょうざ)と焼き餃子の価値と比較は初めて知りました。中国人と日本人の違いです。101ページのNHKも初耳で、日本語の頭文字をとったものとは知りませんでした。丁寧(ていねい)につくられた本です。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t79780
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい