2012年01月13日

ベスト・キッド 映画 DVD

ベスト・キッド 映画 DVD

 ミヤギさんの声が心に残ります。「バンザイ!ダニエルさん」すべての人は悩みをかかえている。悩みを克服するために忍耐と努力をする。克服できたときにバンザイするのです。
 根底に米国の人種差別があります。プエルトリコ人のように見えるダニエル15才ぐらいは、転校先でいじめにあいます。日系人のミヤギさんは、おそらく米国人として第二次世界大戦に参戦し日本人と戦ったと思います。ミヤギさんは米国のために貢献しましたが最愛の妻子を亡くしました。ミヤギさんはバランス(調和)が大切だと言います。いいこともあればわるいこともある。
 1984年の作品ですが時代背景は1950年代ぐらいだと思います。黄色いフォードの車がかっこいい。撮影は、近景を写し奥に遠景を映す。だんだん遠景がはっきりして近景にからんでくる手法が用いられています。関連付けです。
 空手の修業に一途(いちず)なようで、女子との遊びもあり、古い日本人から見ると集中力不足に感じました。彼女のアリはパンダに似たたれ目で可愛らしいのですが、恋人に対するあてつけでダニエルと交際しているようでもあり、しっくりきませんでした。
 最後の一撃のためにこの映画はあります。試合場は競技場のように立派なものではなく、体育館の中を区分して、雑多な人々が混在しています。珍しい撮影手法です。特典映像を見ると20台のカメラが設置されていたけれど、出演者たちは一度もカメラを見なかったし、どこにカメラがあるのかもわからなかったそうです。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t74730
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい