2010年07月11日

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー DVD

 替え玉にされた売れない役者の物語です。今の世の中でこういった設定が受け入れられるとは思えないのですが、良くも悪くも映画人たちを讃える作品です。
 裏社会で活躍する殺し屋の偽者として知らずに雇用された役者村田大樹さんががんばります。さまざまな伏線が張り巡らされていて、後半、一気に華々しくなります。
 「人を信じない」という言葉が柱になっています。登場する男子も女子も人を信じないのです。流れとしては、おもしろおかしいコメディーから映画表現の実力として、凄腕を感じるものとなっていきます。映画に関係する人々の思いを結晶させた彼らとファンのための「お守り」となっている作品です。映画好きにはたまらないでしょう。
 なお、マジックアワーとは薄暮時(はくぼ、夕暮れ時)を指します。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t55532
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい