2009年11月26日

京都 東福寺

京都 東福寺

ここまで、紅葉見物の混雑を避けるべく他の観光客とはタイミングをずらしながら行動してきました。されど、そうもいかない時間帯となったので、人混みを我慢して1か所だけ混雑する場所を見学することにしました。
閉門近い時刻を狙って行きましたが、たいへんな人出でした。人当たりをしてしまい、風景を見るのではなく人にもまれました。




地形に興味をもちました。入口までは、市街地の道路形態なのに、通天橋あたりは渓谷です。もともとは、両側を山に囲まれた谷のなごりがあります。その後、人間が埋め立てたり削ったりしたのでしょう。
























陽がすっかり西に傾いてからは人が少なくなりました。帰りの参道で、ぜんざいと甘酒をいただき、ほっとひと息つけました。ぜんざい、おいしかったです。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t46017
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい