2007年11月18日

ハウステンボス



 以前、テレビでハウステンボスの花火を見たら人生観が変わると紹介されていた。
 それからずいぶん経ったけれどようやく先日訪れてみた。
 自宅を午前9時半に出て、午後4時半にホテルアムステルダムに着いた。
 途中佐賀県を通過した。「がばいばあちゃん」の舞台だ。新潟県のように水田が広がっていた。
 ハウステンボスでは中国や韓国からの旅行者とみられるファミリーが多いことに驚いた。
 午後8時45分から楽しみにしていた花火を見た。パーッと打ち上げられてドカーンと広がって、美しくもはかなく散っていく花火の姿に人生を重ね合わせながら感慨にふけった。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t14807
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい