2019年11月15日

雪こんこんお寺の柿の木 森三郎童話集

雪こんこんお寺の柿の木 森三郎童話集 国立国会図書館デジタルコレクション

 森三郎:童話作家。赤い鳥の編集者。1911年(明治44年)-1993年(平成5年)82歳没
 赤い鳥:1918年(大正7年)-1936年(昭和11年)童話と童謡の児童雑誌

「雪こんこんお寺の柿の木」
 お寺のおしょうさんと小坊主の心温まる優しいお話です。
 時代は江戸時代です。
 柿の木にのぼって柿をとっていた小坊主が、通りかかった若君の行列と出会い、最終的に、小坊主はお城へ連れて行かれます。
 若君の弟という扱いですが、若君と入れ替わるような経過の発想が新鮮でした。
 のんびり、ゆったり、いいふんいきで、時間が過ぎていきます。あんがい、江戸時代って、みんなゆったり生きていたのではなかろうか。
 若君の弟は、縛られる生活で、けっこうしんどい。小坊主はお城を抜け出して、お寺に帰ってきます。
 『柿の木はやっぱり柿の木』というセリフは、小坊主は小坊主として生きていくというメッセージなのでしょう。

「角田川(すみだがわ)」
 悲しいお話です。時代設定は、何百年も前のことですから、江戸時代初期でしょう。
 ちいさな男の子がひとさらいにさらわれて連れて行かれる途中で病死します。母親があとを追いかけるのですが母親も気が狂って死んでしまいます。
 不思議なのは、さらわれて移動中のこどもとひとさらいのおとなの立場がなにかしら逆転しているのです。こどものほうが、態度がでかいのです。身分のある人の子ども、お金持ちのぼんぼんのようです。
 こどもはなんどもひとさらいに池に浮かぶ鳥をとってくれと、お願いというよりも指示をするのです。でも、ひとさらいは、鳥をとろうとはしません。とろうとしても鳥は逃げるでしょう。逃げるであろう鳥になにか暗示があるようです。鳥は、「幸せ」とか、「希望」なのでしょう。母親にとっては、「子ども」なのでしょう。子どもさんの名前は、「梅若」で、数え7歳です。こどものお墓には土まんじゅうがお供えしてあります。
 母親は、夜空に自分の息子の星があるからと、星の数を数えますが、何度数えても、途中で数がわからなくなります。

 竹久夢二:画家、詩人。1884年(明治17年)-1934年(昭和9年)49歳没。美人画。この作品角田川(すみだがわ)の冒頭に詩があります。ひとさらいに連れていかれる夢です。

「鉦(かあね)の音はチンカラリン」
 昔の京都で、光氏(みつうじ)という男が、16・7のきれいな田舎娘黄昏(たそがれ)と知り合い、結婚を決意していっしょに歩いていると、お地蔵様との出会いがあります。お地蔵様がおっしゃった、「あちゃらに三丁、こちゃらをあちゃらへ三丁(330mぐらい)」がおもしろかった。
 そのあと、光氏(みつうじ)は、お寺で出る東雲入道(しののめ入道。身の丈一丈みのたけいちじょうは3mぐらい)を名刀「小烏丸(こがらすまる)」でやっつけるのであります。

「山彦」
 不思議なお話でした。山彦という男の元へ嫁ぎたい長者の娘がいて、嫁いでいくのですが、山彦は最後まで姿を見せません。山の頂上に炭焼きの白い煙があがるだけです。
 明日見山(あすみやま)という名称の高い山です。人間の足ではたどりつけないところに山彦の家があるそうです。でも、長者の娘乙姫は行ってしまいました。なんだか、月光で、「かぐや姫」みたいなお話でした。秘密めいた山彦の存在でした。

「雉子のお山(きじのおやま)」
 三匹のキジのこどもがお山にいます。キジのおかあさんがこどもたちに、人間は怖いと教えます。鉄砲をもって雉撃ちに来るからです。おかあさんは、こどもたちが自分に従うようにするために、言うことをきかないとキジ撃ちの長兵衛を呼んでくるとこどもたちをおどします。
 ある春の日に大名のお姫さまのご一行がさくらの花見に来ました。お姫さまは12才です。キジの鳴く声を気味悪がって食べ物を置いたまま退散してしまいました。残ったごちそうをキジたちで食べました。自然と鳥が共生するおいしくて、のんびりしたお話でした。

「春」
 行兼(ゆきかね)という人物が登場します。母親とお嫁さんが、まだ食べられるねぎの一部分を捨てたと口喧嘩をしています。そんなことがしょっちゅうで、行兼は毎日の生活に嫌気がさしています。こどももひとりいて、やんちゃでわずらわしい。家にいたくないので、子羊(こやう)老人のところへ時間つぶしに行きます。囲碁をやります。
 いやいや家に帰る行兼ですが、庭に梅の花が咲き、母と嫁が行兼の帰りを待って夕食の準備をしてくれています。楽しい食事時間が待っているのがわかって、行兼はうれしい気持ちに包まれます。

「鏡の渡し」
 船で向こう岸に人を渡す仕事をしている伊保奴萬(いほ・ぬま)という名の男性のお話です。老人から船賃の代わりに鏡を受けとります。鏡の中に女性が現れるのです。
 理解できない部分もありますが、雰囲気はいい。

「十二の桃」
 いろいろな民話のパロディ(他の作品の模倣)みたいな合体作でした。わたしはちょっと好みではありません。かちかちやま、ももたろう、はなさかじいさん、うらしまたろうなどがありました。
 調べた単語として、「共栄圏:日本の構想による第二次世界大戦中のアジアの地域」

「灯(ひ)」
 西の海に沈む夕日から始まります。浜に住んでいるのが、渚(なぎさ)という娘です。毎晩小山を登って水神さまの灯籠に灯をともすのです。海には、夜光虫(光り輝くプランクトン。赤潮)が浮かんでいます。海に出たまま帰らない許嫁(いいなづけ。婚約者)の帰りを待っているのです。
 記述内容は、薩摩藩が琉球を攻略したことですから、1609年、江戸時代が始まった頃です。失望の気持ちに沈む渚でした。

「烏勘左衛門奉公はじめ」
 擬人化された烏(カラス)が江戸へ出てきて、同じく擬人化された大名のタンチョウ鶴に仕えます。烏は竹ぼうきで庭の落ち葉をお掃除します。烏は人間みたいにひとりでぶつぶつと愚痴をこぼし続けるのです。タンチョウ鶴のお姫さまも本音であれやこれやを延々としゃべるのです。おもしろい。

「父」
 若い妻の蜻蛉(かげろう)が、「もう死にます」と言って病死しました。ふたりには、こどもがいませんでしたが、亡妻があの世からこどもにみたてた3本の樹木を夫に送ります。男ふたりが、梅若と松若、女ひとりが、櫻姫です。樹木を亡妻のお墓のわきに生えました。夫は、3本を抜いて家の庭へ植え替えました。
 戦が始まりました。
 親の子離れのお話でした。

「飴の鳥」
 うぐいす鳥の形をした飴売りです。冬の日におじいさんが歌うように呼び込みをしながら飴を売っています。天神さまの縁日です。
 うぐいすの飴が擬人化します。自分は家柄のいいうぐいすだと祖先話を始めます。どうも太宰府の菅原道真のことのようです。筑紫という福岡県の地名が出ます。
 平安時代901年が、菅原道真が左遷された年です。道真は903年に亡くなっています。ずいぶんと前のことです。
 こども相手の飴売りのようすを描写した作品でした。

「ひぐらしの村」
 片意地な人が住む村があった。片意地とは、がんこに執拗に自分の考えを押し通すこと。
 旅人が、水をくださいといっても村人たちはだれもくれません。
 ひぐらしが、セミのひぐらしになって、片意地な村は、ひぐらしの村と呼ばれるようになったそうな。

 調べた言葉として、「持丸長者:もちまるちょうじゃ。大金持ち、富豪」

「鼓大名(つづみだいみょう)」
 鼓が上手な大名がいた。つづみの皮が痛んできたので帰ることにしました。ウソ(動物)の皮に帰ることにしましたが、ウソを見たことがありません。
 嘘の反対の正直が出てきました。なんだか、ショートショート、短い奇妙話のようです。
 嘘=女性という話になってきました。ちょっと最後のオチの意味をとれませんでした。

「二人静(ふたりしずか)」
 源義経の妻、静御前がふたりいるのです。場所は、奈良県吉野です。ふたりのうちのひとりは、きつねが化けているのです。おどけた文脈で、こういう感じで童話でいいんだと、その雰囲気にほっとさせられるものがあります。漫才の台本のようでもあります。名前をたずねて、「しずかです」と返事があると、「にぎやかじゃないんですか」と返します。
 奈良で、吉野で、化けるきつねといえば、斉藤洋シリーズの白狐魔丸(しらこままる)を思い浮かべます。何度か吉野には行ったことがあるので親しみを感じます。
 さて、作中では、きつねが人を化かします。義経の首をとりに来た武将に義経の首を出すのですが、じつはそれは、すいかをくりぬいて顔にしたものでした。ちょうど、この部分を読み終えたのがハロウィンの夜で、いろいろと縁を感じました。楽しみました。

「竹馬與市(たけうまよいち)」
 竹馬與市というのはちいさな妖精らしい。
 昔、黒目のじいさん、赤目のばあさんがいました。こどものいない夫婦でした。そこへ、身長10センチぐらいの男の子がやってきます。お月さまの孫の15才になる竹馬與市と申します。おふたりのこどもです。
 20才になった竹馬與市はふたりにお金持ちの家から嫁を世話してくれといいます(なんだかずうずうしい)。それを聞いた山姥(やまんば)が竹馬與市をさらっていきます。
 そのあといろいろあって、山姥と竹馬與市のふたりは闘います。竹馬與市は山姥を倒して望みどおりお金持ちの家のお嬢さんと結婚したのです。

「長靴を穿いた太陽(ながぐつをはいたたいよう)」
 天才音楽家の村山六十四郎(むらやまむさし)さんが登場します。バイオリン弾きです。
 オーケストラ付きの歌劇が始まったようですが、読み手としてはどうなっているのかわかりません。
 調べた単語として、「疵:きず」、「浚える:さらえる。読めませんでした」

「をみなえし」
 東京大学の学生のおじさんが好ちゃん(こうちゃん)に、お墓参りに行くので、おみなえし(花。秋の七草。黄色い花)をとってきてほしいと頼みます。
 おじさんといっしょに好一はお墓参りに行きますが、おじさんは好一の知らない人のお墓参りもします。
 好一はおじさんに今度帰省してくるときは、本を買ってもってきてほしいとおねだりしました。
 おじさんは墓参りのあと東京へ帰り、急に病気で亡くなりました。亡くなったあと、亡くなったおじさんから好ちゃんに童話が2冊送られて来ました。
 お墓の前で手を合わせる好一でしたが、ふいにお墓にすいこまれるような気分になったのでした。

「洋服屋のお松さん」
 昔洋服屋だったお手伝いさんのお松さんが洗濯をしています。この家のこどもが和雄です。お松さんのご主人はいま監獄にいて、ギャングだそうです。
 お松さんが炊いてくれたごはんはやわらかすぎで、翌日、障子紙をはるためののりになりました。

「村の床屋」
 床屋の作じいさんはからだの調子が悪い。
 髪の長い男の子が来て、病気で長い間寝込んでいた。明日から学校へ行くと言います。作じいさんのこどもは3年前に病気で亡くなりました。
 店をたずねてきたその髪の長いこどもというのは、冥土へのお迎えのために来たらしく、作じいさんは髪切りの途中で眠ってしまい、眠りから覚めることもなく冷たくなっていたのです。

 昭和18年12月30日発行の本でした。

この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t136929
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい