2019年03月04日

うわさのずっこけ株式会社 那須正幹

うわさのずっこけ株式会社 那須正幹 ポプラ社文庫

 ハカセ(山中正太郎)、モーちゃん(奥田三吉)、ハチベエ(八谷良平)の三人で、資金を集めて、物を仕入れて、販売して、儲けて、出資者に利子を払うというような内容で始まりました。
 きっかけは、港でカタクチイワシがたくさん連れたところに、いっぱい家族連れが来ており、彼らをお客さんにして、ひと儲けしようという八谷商店の息子ハチベエの発想です。
 物語では、小学校の教室内で、起業の資金集めを児童たちからするのですが、現実にやったら大問題になるでしょう。小説の中ではなんでもできます。それが、小説のいいところでもあります。
 三人は役割分担をして商売を開始します。今は、お弁当や、ジュースなどの仕入れの段階です。

(つづく)

 釣り客目当ての飲食物の販売は順調に進んでいきます。
 株式会社の設立運営話もわかりやすい。株券はお金の預かり証みたいだと思いました。
 何のために働くのかという暗示もあります。お金を稼ぐことが楽しいから働きます。売るものを売りつくすと「快感」を得られます。
 ビールの販売に許可はいらないのだろうか。小学生たちがビールを売ります。まあ、細かいことはいろいろあるのでしょう。小説とわりきります。
 設立した会社の名称が楽しい。「HOYHOY商事株式会社(ホイホイしょうじかぶしきがいしゃ)」
 また今度払うと言って、払ってくれない人がいます。どうするのだろう。
 さかなは一年中同じ場所にはいない。お客さんも同様。商売の厳しさ、むずかしさがあります。
 書かれた当時はまだ週休二日制ではなかったので、小学校も土曜日は授業があります。
 モーちゃんの家は、母子家庭、お姉ちゃんが高校生で、そういう家庭内の事情を児童文学小説のなかで明らかにすることは、当時は珍しかったと思います。

 本のうしろにある石井直人さんという方の「解説」を読みました。その内容は、力強くて光っています。
 このシリーズは、こども向けに書いてはいけない当時のタブーを破って書いてある。ただし、下品なものではない。こどもは働かなくていい、勉強だけをしていればいいという社会の雰囲気の中で、本書では自然にこどもたちを働かせたところがいいポイントになっているという視点でした。小説ではタブーをもうけないということが基本だと再確認するのでした。
 調べた単語などとして、「売りかけ金:未収金」
 良かった言葉などとして、「売れる日もあれば、売れない日もある」


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t133552
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい