ラプラスの魔女 邦画DVD 2018年公開

 現実には起こりえないことであり、作者は実験を試みたのでしょう。
 シェークスピアの悲劇を観るようでした。
 登場するのは異常な気質をもった天才映画監督でした。
 劇は、人間の心理を追求しようとします。
 わたしの好みには合わない作品でした。
 ラプラスは、ピエール・シモン・ラプラスで、フランスの数学者だそうです。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい