男はつらいよ 葛飾柴又あたり

第1作から第19作まで観たところで、現地を訪問してみました。
平日にもかかわらずたくさんの人出でした。休日は混むのでしょう。年配客が多い。
物語の世界と現実の世界には差異があります。それはそれでいい。





























江戸川の土手や河川敷はきれいに整備してあり、映画のなかにある昭和40年代~50年代の雰囲気はありませんでした。それもそれでいい。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい