東野・岡村の旅猿 中国 DVD 2009年平成21年

 タイトルは、蘇州・杭州ですが、内容は、現地に行ってから、飛行機の都合で、蘇州をやめて、少林寺、そして、北京へと変わっています。2泊3日のスピード旅ですが、東野さんはとくにお疲れのようです。(冬なのに薄着で行ったため)

 スタッフふくめて4人旅ですが、身内3人とのやりとりが長い。現地の人との交流としては、東野さんが薄着だったので、洋品店で、若い女性店員たちが総動員で彼の服を選ぶシーンがおもしろく、笑いました。
 寝台列車での移動は昔の日本を思い出してなつかしかった。
 
 プライベート旅行といっているわりには、仕事がらみの撮影になっていて、途中何度もプライベートにこだわる東野さんが、いい絵を撮影したいスタッフと対立します。東野・岡村ともに髭が伸びて疲れた表情で気の毒でした。

 登場された中国人の方々は日本人の4人に、たいへん親切でした。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい