猫は抱くもの 大山淳子

猫は抱くもの 大山淳子 キノブックス

 城戸賞(きどしょう)というシナリオの賞を受賞された方と紹介文にあり、読んでみたくなりました。映画化されると書いてあります。公開は6月とありますので今月です。

 最初の章は、擬人法になると読んでいる途中で気づきます。30ページを過ぎたあたりからおもしろくなる。ぐいぐいと引き込まれていきます。
 登場人物青森出身の人大石沙織さんが、東京に出て13年間渋谷に行ったことがないという部分が引き寄せられる魅力があります。そんな人いるのだろうか。たぶん、希少価値があるほど少ないけれど、いるのでしょう。

 桜高校の池永良男は、ロシア系日本人に見えるが、猫でもある。彼に恋をしているのが、この物語の主人公大石沙織である。スーパーにこにこ堂でレジ打ちをしている38歳である。彼女の経歴は珍しい。兄夫婦と甥、両親が住む実家にいづらくなり東北から東京郊外へ引っ越してきている。未婚。

「ダマ:溶けないでできる固まり。小麦粉ほか」

 地名として、「ねこすて橋」、ただし、捨てられた猫に餌を与える人間がいる。それから、青目川、ねこすて橋がかかる小さな川。

「ロシアンブルー:ロシア起源、イギリス原産短毛の猫」

「猫は描くものではなく抱くもの」絵描きと暮らしたことがある三毛猫キイロの言葉である。

ロシアンブルーは、毒殺されたのではないか。

 スーパーマーケットでの就労だから、万引きの記事が出てきました。映画「万引き家族」を思い出します。

 第一話から第五話まであって互いに関連があります。
第一話「良男と沙織」
 主人公クラスらしき大石沙織さんは38歳でもう結婚をあきらめる。これから一生、おばさんをやっていくと決心するような、悟るような言葉がある。さみしい。そういうものか。そういうものなのかもしれない。そうなると頼れるのはお金になる。そうならなくてもお金か。ちなみに彼女のあだながあとから出てきますが「誠実さん」です。

 書き方として特徴的なのは、セリフのかっこ「 」がないことです。登場人物の心境が長文で語り続けられます。いい感じです。

第二話「キイロとゴッホ」
  「猫は描くものではなく抱くものだ」というゴッホの言葉は、「大石沙織は描くものではなく抱くものだ」につながるのだろうか。
 えんえんと読み続けています。作者の深層心理を垣間見る読書です。
 捨て猫のお話です。色弱の話も含めて、なんか、くらい。ゴッホは自活できず生活費をもらってヒモ暮らしみたい。うーむ。これでいいのだろうか。

第三話「哲学者」
 哲学者とは、コサギという一羽の白い鳥を指す。3歳のなっちゃんというが出てくる。なっちゃんには、障害があるのではないかと親が疑っている。
 なにごとも争わず和すことで命を長むる。この言葉が良かった。

第四話「それぞれのクリスマス」
 解析概論:数学を学ぶ人の座右の書(身近におく書物)
 ハインライン「夏への扉」:SF未来小説
 独特です。美男子に生まれた悩みが綴られます。
 良かった表現です。教育者に向いていない。器(うつわ)じゃない。
 Sleigh Ride:管弦楽曲。そりすべり。クリスマスによく流れる。
 リーマン予想:ドイツの数学者による予想

 こちらのほうが覚えていても、相手は忘れているとうの昔のことがあります。去年のクリスマスを忘れてしまった猫たちの会話を読みながら、相手はもう忘れているから気に病むことはないというメッセージをこの部分を読みながら受け取った気がします。いずれにしても、済んだことは済んだこと、済んだことを変えることはできないから未来志向でいこうというメッセージを受け取った気がします。

第五話「ルノワール」
 三毛猫のオスはなかなか生まれないから希少価値があって高価だとあります。そんなことがあるのだろうか。調べました。3万匹に1匹ぐらいしかいないそうです。びっくりしました。染色体の関係だそうです。黒、茶、白の三色猫はメスなのです。

 気にった表現として、猫から見て、「ゴッホ(日本人の絵描きのこと)は、人間のうちに入らない。」

 まだ、いちども人間に名前をつけられたことがない猫が登場します。

 少年、発明家

 100万回生きたねことか、洋画「卒業」が思い浮かびます。

 後半の明治時代の出来事のような記述は難解でした。男女のからみは複雑です。途中、タイトル「ルノワール」との関連がわからず混乱しました。

 柘植(つげ):常緑低木

 悪意の考察があります。ここで、そこまで、こだわらねばならない項目だろうか。

 ルノワールの絵画「猫を抱くこども」。ねこが気持ちよさそうに女の子に抱かれている絵です。

 そうか。名前のなかった猫の名前か。なっちゃんありがとう。やはり、未来志向の小説でした。

Posted by 熊太郎 at ◆2018年06月24日07:34読書感想文

この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t129355
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい