あるかしら書店 ヨシタケシンノスケ ポプラ社

 どこがおもしろいのだろうかと、漫画の絵をながめながら読み続けました。
 うしろのほうになっておもしろみがわかりました。
 最後は、充実でした。

 絵がキレイ
 アイデアが凝縮されています。
 本は、図書館で借りるばかりでなく、書店で買ってほしい。
 そのお金が、出版界の活性化と作者の育成につながるのです。

 気に入った項目は、
 「書店婚」と「本が好きな人々」でした。

 装丁は、外国の本みたい。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

過去記事