2016年03月20日

男はつらいよ 望郷編 邦画

男はつらいよ 望郷編 邦画 DVD

 シリーズ第5作。昭和45年8月26日封切です。マドンナは長山藍子さん。

 妹を思いやる歌の歌詞がいい。
 「地道な仕事をしてほしい」と訴える妹の言葉がいい。
 異母妹、倍賞千恵子さんや、北海道のやくざの親分が女遊びでつくった男子松山省二さんの言葉で明確に自分の意思表示をする姿が、すがすがしい。

 今はない駅舎風景です。蒸気機関車シーンは貴重です。いまでは通用しない親族・知人間の許しに似た行為があります。
 (家を出ていくのを)止めないくれと言いつつ、本当は止めてほしい寅さんの言動があります。

 親族の中には、寅さんのような厄介者がひとりぐらいはいて、切り捨てたいけれど捨てることもできないという状況ってあると思う。
 居場所の見つからない根なし草で、放浪タイプです。

 恋の絶頂期からの転落は、いつもながら面白い。人の不幸で笑う不謹慎な自分がいますが、否定はできません。結局、恋は「見た目」なのかなあとも思うことに不純さも感じる。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t115492
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい