2015年01月21日

あなたの本当の人生は 大島真寿美

あなたの本当の人生は 大島真寿美 文芸春秋

 仕事で移動中の電車の中で読んだせいか、加えて、自分の読解力のなさからか、ファンタジーぽい雰囲気の内容もあり、自分にとっては、わかりにくい中身でした。もう1回読まなければならないのかもしれません。
 登場人物ひとりずつが、自分の気持ちや思いを記述していく形式です。長い文章が切れ目なく続く。休息を入れるタイミングがなく、読むのに少しつらい。途中、だれがしゃべっているのか、わからなくなることもありました。
 森和木ホーリー(本名森脇悠久子)という老齢のジュニア小説作家がいる。彼女は大御所で、かつ、大金持ちで、大きなお屋敷に住んでいる。ただ、認知症に陥っているようで、作家活動はしていない。読み始めは、森和木氏は、ジュニア小説の女王様という称号が付けられていることから、女性と思っていましたが、後半付近では、もしからしたら、男性かもしれないと思いはじめ、結局、自分にとっての性別は不明でうやむやでした。もしかしたら意図的にそうしてあるのかもしれない。中性的、何かを象徴している存在なのかもしれない。
 森和木ホーリーのめんどうを通いの秘書として、長年みてきたのが、宇城圭子(うしろ。宇城は、32歳から55歳になる今まで、森和木が病気で作家活動をストップする以前から、森和木ホーリーの名前を使用して、ゴーストライターのごとく、森和木のエッセイを代筆して発表している。)。どこかで聞いたような話でもあります。
 国崎真美は芽が出ない新人作家で、編集者鏡味の手配で、森和木の内弟子になる。
 チャーチルというのは、生きている猫の名前かと思いながら読んでいました。「錦船シリーズ」という作品に出てくるキャラクターの猫らしい。このチャーチルと新人作家国崎真美とが重なります。読んでいると、たまに、国崎が猫なのか人間なのかわからなくなる錯覚効果があります。
 登場人物たちをつなぐのが、コロッケ。国崎真美が揚げます。魔法のコロッケとされています。擬人化された猫のチャーチルともあいまって、ファンタジーです。
 ホーリー事務所の社長をしていたのが、簑島健夫。彼は、ホーリーの夫でもあった。
 ときおり、「あなたの本当の人生は。」というフレーズが顔を出す。登場人物たちは自分で課題をつくって悩んでいる節がある。何のために生きるのか。空虚な雰囲気がただよう。
 自分自身の現実生活とは、かけ離れた小説の中の世界です。小説の中では、時間がゆったりと流れています。
 家族に関する記述では、200ページ付近にある宇城圭子の親族履歴がよかった。長年付き合いをしなかった結果、親兄弟とも疎遠になり、いずれもどこにいるのかわからなくなった。
 「個性」について考えました。後半部を読んでいたとき、直木賞が西加奈子作「サラバ!」に決定したことを知りました。長く作家生活を続けていくためには、個性が必要。その人にしか書けない文章が必要です。
 後半は過去形で書かれているので、作品は、人生のふりかえりです。書くこと、生きることへのこだわりがあります。
 中高年の年齢になって、こだわりを捨てた自分がいます。もう、やりなおしはききません。人は生きて、人は死ぬ。それでいい。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t106153
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい