2014年12月26日

いいおかお 松谷みよ子

いいおかお 松谷みよ子文 瀬川康男絵 童心社

 本の帯にある「いっしょににこにこいいおかお」のとおり、表情のいいお顔が描かれた絵本です。
 顔の絵は、目を閉じていることが意外な特徴です。奈良でよく見る仏さまの顔に似ているけれど、雰囲気は違います。
 主役はふうちゃんという女の子です。黒い胴体の長いネコがからんで楽しい様子へと発展していきます。
 びろーんと伸びたいぬの胴体がいい。
 絵本は、余計なことを考えずに読めることがいい。頭の中をからっぽにできます。
 おーっ! ゾウだ!! 大きくて、きれいで、かわいらしいゾウの登場です。
 みんな、横に並んで、目を閉じて、いいおかおをつくっている。瞑想とは違いますが、落ち着きがあります。みんなしあわせそうです。
 本の帯をまた読みました。仕事と子育てで忙しい、共働きのお母さんがあかちゃんに読んでほしい。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t105526
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい