2020年08月05日

だるまちゃんとかみなりちゃん 加古里子

だるまちゃんとかみなりちゃん 加古里子(かこ・さとし)さく/え 福音館

 こどもさん向けの絵本です。
 あたまに小さなツノが出ている雲の上にいるというかみなりさんのこどもと赤いだるまさんという不思議な組み合わせのペアです。
 1968年(昭和43年)初版です。手元の本には、2020年1月で第120刷とあります。
 作者の加古里子さんは、2018年に92歳で亡くなっています。わたしが以前読んだのは、「からすのパン屋さん」でした。

(1回目の本読み)
 おもに、文字を優先しながら読んでみます。
 「だるまちゃん」は地上に住む人、「かみなりちゃん」は雲の上に住む人です。
 空から浮き輪が落ちてきました。つづけて、かみなりちゃんも落ちてきました。どしん、がらがら、ぴかぴか、ごろごろです。
 浮き輪が気の枝にひっかかっています。
 だるまちゃんが、まるじ、じいじ(まごからみたおじいちゃん)のように、がんばって、ジャンプして、木にひっかかったかみなりちゃんの浮き輪をとろうとしますが、なかなかとれません。ふたちのようすは、おじいさんと孫のようです。
 じいじのだるまちゃんは、傘をとばして、浮き輪にぶつけて浮き輪を落とそうとチャレンジしました。
 ざんねーん。こんどは、かさもひっかかってしまいました。
 かみなり雲ののったかみなりちゃんのおとーさん登場です。
 まるで、浦島太郎のように、だるまちゃんは、かみなりさまの住む国へご招待されます。おもしろい。
 楽しいものがたりでした。

(2回目の本読み)
 こんどは、絵を中心にみながらページをめくってみます。
 だるまちゃんが、せなかにかみなりちゃんをのせて、ぎっこんばったんをしています。ちいさいころ、そうやってきょうだいたちと遊んだっことを思い出しました。だるまちゃんとかみなりちゃんは、なかよしです。
 こぢんまりとした絵なのですが、まずもっては、筆致(ひっち)と色合い、表情が優しい。そして、点としてはこぢんまりとしているのですが、無限の広がりがあります。
 浮き輪は、まんまるではなく、ツノの部分があります。ツノがあるかみなりさまのこどものもつ浮き輪だからだとわかります。
 11ページの絵がきれいです。ふたりの表情がしっかりしています。レインボー(虹)もきれい。
 15ページの浮き輪がとれずにうまくいかなかったシーンへの展開がおもしろい。
 18ページから19ページに広がる絵では、ひとつひとつの絵は小さいのですが、ここにも無限の広がりがあります。
 20ページと21ページの絵は、『未来都市』です。続く22ページをめくって、和洋折衷(わようせっちゅう。日本風と西洋風の様式を両方取り入れる)昭和35年ぐらいから昭和45年ぐらいの夢があった時代が思い出されます。  

Posted by 熊太郎 at 06:30Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2020年08月04日

ユダヤ人を救った動物園 英米合作映画DVD

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命 英米合作映画DVD 2017年公開

 1939年夏です。場所は、ポーランドにあるワルシャワ動物園です。1939年9月ドイツ軍ポーランド侵攻です。1945年5月、ドイツの無条件降伏まで戦争が続きます。

 外国の動物園に行って見学をしているようないい気分で映像が始まりました。
 上野動物園みたい。

 次に、ギスギスした雰囲気のパーティ風景のシーンに移りました。なにかしらおかしい。この映画には、ついていけないかも。気取った感じがしました。また、つくりもののハプニングが起こるような予感がしました。
 ゾウの出産シーン、ドイツ軍が来るというシーンに続いていきます。
 1939年9月1日。空襲が始まりました。戦時下だと、人間の安全のために、動物園の動物は銃殺されるようです。その前に、価値のある希少動物は、ドイツ軍に奪われるように移送されます。

 動物園は武器庫になる予定でしたが、園長夫婦の機転で、ドイツ軍に肉を供給するための養豚場に転換されます。されど、ドイツ軍にばれないように、ひそかに、ドイツ軍に迫害されるユダヤ人を逃がすための一時的滞在地として使用されます。

 内容において、園長の奥さんアントニーナ・ジャビンスカと、ドイツ軍の動物学者ルーツ・ヘックとのあれこれが余計でした。
 ユダヤ人の人権保障問題からはずれたようなお話です。
 個人対個人のバトルになっていました。奥さんがあそこまでルーツ・ヘックにこびるシーンはいらなかった。いきすぎです。映画の尺(しゃく)をとる(時間で埋める)ためのつくり話ではないだろうか。
 それから、ドイツ軍兵士によるレイプとかルーツ・ヘックによる奥さんに対するエロ行為とかが描かれていたのですが、観たくもないシーンでした。こちらも、つくりばなしっぽい。

 はじめのうちは、ヒューマン(人間味のある)な真面目(まじめ)な映画だったのに残念です。せっかくロケ地の舞台や動物をそろえて、いい環境づくりができていたのに、がっかりしました。
 映画では、ヒトラーの配下にある動物学者の彼ルーツ・ヘックの存在をはずして、ナチスドイツという組織と闘ったポーランド人組織という構図のほうが、イメージがよかった。そして、人間からは、『自由』を奪い取ることはできないことを強調してほしかった。

 うさぎとこぶたちゃんが可愛かった。

 よかったセリフとして、
「大切な親友だからユダヤ人をかくまう」という奥さんの発言に、だんなさんが、「見つかれば殺される。(だから)覚悟を決めて、周到な準備をする」
 命のビザを発行した日本人外交官の杉浦千畝(すぎうら・ちうね)さんを思い出しました。
「(ユダヤ人強制収容区域のゲットーで)ここに安全はない。明日はどうなるかはわからない」「(ゲットーから動物園に脱出してきて)ここは、動物園なの。ここにいれば安全(地下室に隠れます)」「これから、夜行性の人間になる」
 以前、「マルカの長い旅」という本を読んだことがあります。ゲットーで、ひとりぼっちで逃げ回って暮らした7歳のユダヤ人少女マルカの話で、実話であり、悲惨でした。
 隠れ家として活用された動物園のおかげで、300人近いユダヤ人の命が助かったそうです。まずは、『生きていること』が大事です。  

2020年08月03日

コンティジョン 洋画DVD

コンティジョン 洋画DVD 2011年公開

 新型ウィルス感染拡大の映画です。まるで、2020年の世界的流行を予言しているかのような内容で驚きました。
 リアルに、現在の情勢と重なります。

 タイトル「コンティジョン」の意味は、「接触感染、伝染病、病原体」です。

 病原体の発生地は中国です。香港の空港から世界中に病原菌が広がって多数の死者が発生します。東京も死者が出ます。
 当初、当局の「隠蔽(いんぺい)」があります。組織が自分の組織を守るために、都合の悪いことを隠します。感染は世界中に広がっていきます。
 患者も医師も亡くなっていきます。
 発病者と感染したかもしれない人を隔離することが叫ばれます。
 緊迫感があります。
 人間は、一日に2000~3000回、自分の顔をさわると説明があります。
 アメリカ合衆国では、国から州知事への通報が提案されます。
 学校は閉鎖されました。一人の人間から何人の人間に感染するかの計算が始まります。
 まだ、病気の原因がわかりませんが、未知のウィルスが存在するということだけがおぼろげにわかります。
 中国のコウモリとブタがからんでいることがわかります。
 ウィルスは細胞の鍵穴に鍵のようにして結合する。感染後の死亡率は、20%と説明があります。
 治療法もワクチンもまだみつかりません。ワクチン:感染病予防薬。ウィルスに対する抗体をつくる。
 新型ウィルスは、軍事目的のバイオ兵器ではないだろうかという説が流れます。
 新型ウィルスが「MEV-1 エムイーブイワン」と命名されました。WHOが、世界で、800万人以上が感染すると発表します。ちなみに、新型コロナウィルスは、2020年7月31日10:00現在、世界で、16,812,755人が感染しています。
 物の買い占めが始まり、やがて、略奪、暴動へとひどくなっていきます。毛布もない。遺体袋もない。食糧不足におちいります。
 ウィルスの変異の説明がありました。
 アメリカ合衆国では、州境の封鎖が始まりました。
 お金がらみの話もいろいろ出てきます。

 解決の決め手は、やはりワクチン(予防薬)の開発です。
 
 たいしたものです。2011年公開の映画が2020年の世界を予想していました。その正確さに驚かされました。  

2020年08月02日

おこだでませんように くすのきしげのり・作 石井聖岳・絵

おこだでませんように くすのきしげのり・作 石井聖岳(いしいきよたか)・絵 小学館

 タイトルは、「おこられませんように」という意味で、登場人物となる小学一年生のやんちゃ坊主くんが、たなばたのたんざくに書いた願いごとです。
 「おこだでませんように」の音の響きがユーモラスで、読み手の興味をひきつけます。

 思い出してみると、昭和40年代ぐらいまでのこどもというのは、怒られるどころか、たたかれていました。家では、親にたたかれ、そして、きょうだいにたたかれ、学校では先生にたたかれ、さらに、けんかをするとクラスメートにもたたかれていました。そして、たたかれたらたたきかえすこともありました。体罰が容認されていた時代でした。けして、それが良かったとは思いません。まあ、親や祖父母の世代も子だくさんの社会のなかで、そのように鍛えられたのでしょう。いまは、こどもの数がへりました。まけてたまるかという人間力も弱くなっているかもしれません。

 本の表紙で、主人公の「ぼく」の顔がこわい。目が大きくて、まゆ毛がつりあがって、どうみても怒っています。口は真一文字です。相手にけんかを売っています。

 読んでいると、おこられるのは、なぜなのかがわかります。
 「ぼく」は、イライラしています。なぜかというと、おかあさんをはじめとした、まわりの人たちからの愛情に飢えているからです。人は、人からやさしくされないと、人にやさしい人間になるのはむずかしい。

 小学生低学年にみえる「ぼく」は、まだ幼稚園生ぐらいに見えるいもうとにあたりちらします。
 いもうともかわいそうですが、じつは、「ぼく」もかわいそうなのです。
 これは、こどもが読む絵本ではなく、親が読む絵本です。

 相手がいやがることをするから、おとなから怒られます。
 いわゆる迷惑行為があります。
 らんぼうでもあります。
 かまってほしいから、あいてがいやがることをするということはあります。
 
 「ぼく」へのアドバイスです。
 ほめる。おだてる。ごまをする。じぶんがいい思いをするために種をまきましょう。
 なのに、おかあさんには、「きれいだね」といえばいいのに、「おこると、しわが、ふえるで」と言ってしまいます。
 だから、「ぼく」は、おこられて、孤独になっていきます。

 たなばたのたんざくにかいたおねがいごとのひらがなもじは、いちぶが、かがみ文字になっています。机の上に置いてあるけしごむも、ちぎれたような、けしごむです。ものは、ていねいにあつかいましょう。
 それから、言いたいことがあったら、ちゃんと声に出して、相手に言いましょう。言わないと伝わりません。

 さいごは、心があったかくなるいいお話でした。

 思い出してみると、こどものころ、親にほめられたことがありません。
 あのころの日本には、こどもは、ほめるものではないというような下向きの風潮がありました。  

Posted by 熊太郎 at 06:25Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2020年08月01日

アリー/スター誕生 洋画DVD

アリー/スター誕生 原題は、「A STER IS BORN」 2018年日本公開 洋画DVD

 プロモーションビデオを観ているような、ミュージックビデオ(音楽関係物品販売促進)を観ているような雰囲気で始まりました。
 ラブストーリーで、男性はジャック、女性はアリーで、基本的にはふたり芝居で進行していきます。
 レディーガガさんを名前しか知らなかったので、今回の映画で、歌を初めて聴きました。お上手です。男性の歌声もよかった。
 映像の中のシーンとして、練習もしないで、いきなりふたりでステージでは歌えるものではありませんが、でも、まあ、映画だからいいか。
 なんでも、「愛してる」で、うやむやに進んでいきますが、まあ、いいか。
 男性の歌の歌詞は、りくつっぽくて、湿った歌詞が続きます。悲しんでばかりいても……

 アリーさんの出世物語の部分もあるのですが、立身出世というよりも、最初から最後までスターでした。
 相方の男性ジャックさんは、音楽のジャンルとしてカントリーウェスタンの有名なスターという設定なのに、最初からアル中で、困った人でした。ドラッグもやるそうです。自殺願望もあります。自滅していくのですが、自業自得の部分が大きい。自らの行いが悪いので物事が悪い方向へと動いていきます。
 親や家庭に恵まれなかった生活が原因らしいのですが、だからといって、容認できるものでもありません。ときおり彼のお兄さんがいいセリフを弟であるジャックに話していました。兄の言葉は正しい。「(自分は)飲んだくれのオヤジと飲んだくれの弟の世話をしてきた」「(音楽をやりたかった自分に)才能がない人間は音楽をやるなと(飲んだくれの弟に)言われた:」「(弟のジャックに向かって)おまえとは離れた方が楽だ。困ったことがあったら電話しろ」
 
 チャーリーという犬の演技が良かった。名演技です。

 アリーとチャーリーのふたりは、出会わなかったほうが、お互いのために良かったのかもしれない。
 「スター」というものは、だれかを踏み台にしてなるものというメッセージが隠れています。

 「曲」というものは、作者の手から離れたら、受け取った人がそれぞれで解釈をして、理解して楽しむもの。だから、「曲」は、作者の意思とはべっこに理解される。

 (結局)過去をふりかえって、あれは、あれでよかったと思って、これからも生きていくしかない。  

2020年07月31日

幸せへのキセキ 洋画DVD

幸せへのキセキ 洋画DVD 2012年日本公開

 父子家庭の家族三人が、動物園に住むお話です。
 先日観た『プライベート・ライアン』でライアンを演じていたマット・ディモンさんが、この映画で主役のお父さん役を演じていたのでちょっとびっくりしました。
 主役のお父さんは、仕事はライターをしていますが、最近、妻を病気で亡くしたふたりの子連れのお父さんで、ベンジャミンといいます。
 息子が14歳で反抗期、ひねくれものに見えるディランです。娘さんの名前は、まだ7歳のロージーといって、可愛らしくて優しい。
 
 いろいろむしゃくしゃある冒頭です。妻は病死、夫は解雇に近いような退職、息子はおそらく私立中学を盗みで退学させられたのでしょう。
 家族の気分転換のために引っ越しです。引っ越し先が、動物園付きの物件で、動物と動物を世話するスタッフのめんどうもみなければなりません。

 実話に基づくとありますが、まあ、映画ですので、いろいろ仕掛けがしてあります。

 物語の柱のひとつは、やはり、病気で亡くなった奥さんの扱いです。
 父親も息子も娘も、すでに亡くなった奥さん・母親のことを忘れられません。精神的に悲しみをひきずっています。
 けっこうつらい。テレビ番組で、『家、ついて行っていいですか』という番組があるのですが、ときおり、妻を亡くしたひとり暮らし年配男性の映像が出ます。病気で亡くなった奥さんのことを忘れられません。非常に哀しい(かなしい)映像が流れます。しみじみします。やっぱり、生きているうちに、奥さんに優しくしておいたほうがいい。一年中長時間労働の連続による仕事漬けよりも、家族が大事です。
 話が脱線しましたが、この妻に先立たれるケースの場合、ふたつの選択肢があります。
 ひとつは、亡くなった奥さんを偲びながら(しのびながら。なつかしみながら)自分は死ぬまでひとり者でいくパターン。もうひとつは、心の奥に奥さんの思い出をいったんしまいこんで忘れるパターンです。次の再婚相手の姿が見えます。今、生きている人間のこれから先も続く長い人生も大事だという説もあります。

 この映画のラストは、中途半端な終わり方だったのですが、映像の上では、亡くなった奥さんを思い続ける趣旨で終わったと受け取りました。

 また、話は脱線しますが、重松清作品「その日の前に」では、入院中の奥さんが病気で亡くなる前に、夫に、「(わたしのことは)忘れていいよ」という言葉を残します。その日というのは、奥さんが病気で亡くなる日です。妻から夫に対する愛情が厳しくも温かい。
 忘れるのか、忘れないのか、どちらの道を選ぶかは、人それぞれです。正解も間違いもないと思います。

 舞台が動物園ですので、いろんな動物の映像が出てきて楽しめました。
 
 劇中のセリフで、「どうして、ここを買ったの?」という質問にはちゃんと答えてほしかった。「いけない?」では、答えになっていません。

 車で往復29kmの道を遠いと表現されたのですが、たった29kmだと思うのです。外国のなにもない田舎道ゆえに、時速60kmで走れば往復29分間、片道15分間ぐらいです。

 ヘビだらけのシーンがおもしろかった。

 映像にあった役所の動物園立ち入り検査は、役所の職員ひとりだけではやらないと思う。必ず複数名で検査するでしょう。

 パパには遺産があって、お金の余裕があるので、その点では、ちょっと変わった映画です。

 高齢で衰弱して、かつ、病気にかかっているという動物園で飼っている虎を安楽死させるシーンで、主人公の父親が安楽死を決断するまでに深く悩みます。妻の病死が記憶に残っていたからでしょう。
 たまたま、最近医師による嘱託殺人事件として、人間の安楽死のことが報道されていたので、むずかしいものを感じました。
 人間の場合は日本の法律の世界では、安楽死は殺人になるのでできないと思います。ましてやお金をもらってやってはだめです。最低限、本人の了解と合わせて、身近な親族の了解がいると思うのですが、なかなか了解できる親族はいないと思います。それでも生きていてほしいのです。

 映画の中では、がんこなお父さんと甘えん坊の息子です。

 よかったセリフとして、「女の子は、話すのが好き。(ボーイフレンドとして)会話のコツは、よく聴くこと」「お互いに(相手が言ってほしいと思う)言ってほしいことを言い合う」

 貫くメッセージとして、『20秒間だけの勇気をもつ』あるいは、『20秒間だけ恥をかけば、いい結果がついてくる』  

2020年07月30日

太川蛭子のローカル鉄道寄り道旅涼を感じる夏の箱根スペシャル

太川蛭子のローカル鉄道寄り道旅涼を感じる夏の箱根スペシャル 箱根登山鉄道復活おめでとう! テレビ番組

 なにかしらあわただしく、大変そうな旅行でした。三人ともどこをどう巡ったのか、記憶があやふやになっているかもしれません。昨年の9月のロケだったそうです。10月に台風被害で鉄路が使えなくなっていたそうです。

 電車の中で出会う人たちにこのへんの名所、名産をたずねても、土地の人間じゃないからわからないという返答が多かった。

 マドンナは、グラビアアイドルの久松郁実さんでした。

 編集がくどかったような。むだが多いような。同じシーンがなんども繰り返されて観ていて疲れました。
 
 えびすさんはあいかわらずでしたが、白髪が多くなり、まだロケ当時は71歳なのに急速に老けた感じがします。認知症もあるらしく、だいじょうぶだろうか。不安です。
 えびすさん語録として、
①「温泉には入りたくない。めんどくさい」
②(太川さんがマドンナの久松郁実さんに「入浴シーンは撮れるの?」「撮れます」と返答があると、えびすさんが、「オレは、無理」つづけて、入浴シーンで、(かけ湯をしたあとタオルで体をふいてから浴槽にはいってくるので、太川さんが)「どうしてふいてから入ってくるの?」
③ルーレットで最大値の「5」を出すえびすさんです。さすが、すばらしいギャンブラーです。えびすさんはギャンブルに強い。よく考えてみたら、このルーレット形式の番組自体もギャンブルの要素がたっぷりです。えびすさんは、年中ぼんやりしているわけではありません。
④(目的地の観光地の前で)「あっ喫茶店がある。休憩しよう」ふつうは、用事を済ませてから休憩します。
⑤(場が冷たくなるような話を平然とする)食事場所で、ひとつの皿からみんなで分けるのが楽しいと盛り上がっていると、「オレは、自分の皿から人がとるのはぜったいイヤ」
⑥人の手柄を自分のものにする。(マドンナの発見を、自分の発見にすりかえる)
⑦お酒は飲めない体質
⑧ホテルは、東横インが大好き
⑨「名所案内」を「各所案内」と読む。
⑩長崎県出身なのに、魚を食べることができない。
⑪五百羅漢で(ごひゃくらかん)でおぼうさんが仏像の説明をしていると、「ちなみに、一体おいくらですか?」
⑫ローラーすべり台にびびる。

 曲、「ケセラセラ」が流れました。ひさしぶりに、雪村いずみさんの歌声を聴けました。