2018年09月16日

はじまりのうた 洋画DVD

はじまりのうた 洋画DVD 2015年公開

 音楽映画でした。昨日見た「ラ・ラ・ランド」と合い通じるものがあります。

 冒頭の主人公はクソ野郎です。ニコチンとアルコール漬け、14歳の娘と一緒に無銭飲食の食い逃げ、ホームレス状態です。
欠陥のある主人公を登場させて、良い方向へ成長させていく。物語づくりのひとつの秘訣です。
 最初のシーンへ途中でバックして関連付けをする。見事です。
 音楽と歌が流れ続けます。二人芝居が延々と続くのはラ・ラ・ランドと同じです。
 ネット社会が始まった頃の音楽業界の問題点を指摘しています。
 CDを捨てることができますか。
 この曲はヒットさせるための曲じゃない。他人の反応を気にする曲じゃない。この曲の良さを生かすアレンジをするというようなところが気に入りました。  

Posted by 熊太郎 at05:27

2018年09月15日

ディス・イズ・ザ・デイ 津村記久子

ディス・イズ・ザ・デイ 津村記久子 朝日新聞出版

 サッカーJリーグ二部リーグの仮想チーム名が土台で、サッカーの応援が話の素材集という印象をもちます。まだ、第1話34ページまでを読んだところです。全部で11話、それにエピローグがたしてあります。

第1話
 糸川貴志の中学から大学までです。地元チームが三鷹ロスゲレロス。青森県出身松下広務君との交流です。
 三鷹市ってどこなのかわからないので調べました。わかりました。

(つづく)

第2話
 ディス・イズ・ザ・デイの意味を調べる。「これは日々である」日常ということだろうか。
 舞台は大阪、そして滋賀県のサッカーチームです。4人家族の中でこれまで大阪を応援していた息子高校1年生が別行動に移ります。
 それぞれの道がある。ひいきの選手がいる。自分の投影がひいきの選手なのでしょう。家族の中でも各自の意見が分かれてくる。中身時代はおおごとではない。なごやかです。
 この本は、複数の家族物語です。家族が互いを思いやる。優しさがにじみ出ています。北海道で大地震が発災した今読むと胸にじーんとくる部分があります。文章量の多さはすごい。筆力がすごい。
 良かった表現として、「芯のない話」、調べた言葉として、「デフォルト:初期状態」、「エンブレム:紋章」

第3話
 ひきこもりの女子大生3年生がサッカーの試合を観に行きます。
 良かった表現として、「鈍くうなずく(にぶくうなずく)」
 サッカースタジアムの描写に臨場感があります。
 癒しの物語でした。

第4話
 作者が登場人物のひとりにひとりにのりうつってその人の心情を述べていく。
 いい話でした。

第5話
 両親を亡くして二人暮らしをしている社会人兄と高校生弟のふたり家族です。
 良かった文節として、「会社の屋台骨になる」
 兄弟でもやがてひいきのサッカーチームが分かれます。
 しみじみくる一作です。

第6話
 亡くなった夫のお話です。サッカー観戦を浮気をしていたと夫を亡くした奥さんは勘違いしています。

第7話
 「ごんげんさま」という獅子舞のかしらをかぶっている青年のお話です。彼は職場に居るある人とうまくいっていません。

第8話
 舞台は高知県、サッカーを通じて、浜松の女性と東京の女性が、最初は見ず知らずだったのですが、だんだん深い交流を結びます。
 調べた単語として、「フラッペ:氷をシロップと混ぜたもの」

第9話
 8歳のときに両親が離婚して、母の連れ子になって、今、大学3年生になった男子がいます。母方祖母の通夜の時に父方祖母と十年以上ぶりで再会します。ふたりはサッカー観戦をとおして交流が始まります。
 調べた単語として「韜晦:とうかい。本心を隠すこと」
 お互いが生きているときの「時間」について考えました。
 現実にはあり得ないことですが、あり得ることという期待感をもたせてくれる。

第10話
 高校1年生吹奏楽部男子がいます。彼は、1学年上の先輩女子に惹かれていますが、彼女は退部してしまいます。その理由は最後まで明かされません。
 偶然が重なって、サッカー無知の彼は、地元サッカーチームの応援団で演奏を始めます。
 最後まで読んでひとこと彼に対して、「よかったね」と言葉がこぼれました。

第11話
 これまでの全体をまとめるお話でした。


 この本は、サッカーの見方がわかる本です。
 この本は、なにか、賞をとってほしい。  

Posted by 熊太郎 at06:49

2018年09月14日

ラ・ラ・ランド 洋画DVD

ラ・ラ・ランド 洋画DVD 2017年公開

 ビデオ屋さんでたくさん貸し出されていたので手に取りました。

 冒頭、渋滞からの発展性が良かった。
 前情報なしで観始めました。
 ミュージカルか。

 女優志願の女性がいる。
 人気が衰えていくジャズ好きのピアニストがいる。

 やがてふたりは恋をして、仕事も成功の道に向かうけれど、せつない別れに終わる。

 二人だけの時間がとても長い。二人芝居です。

 女性が、藤色のセーターを着て、歌を歌うシーンが、歌声がきれいで良かった。  

Posted by 熊太郎 at05:56

2018年09月13日

ミニオンズ 洋画DVD

ミニオンズ 洋画DVD 2015年公開

 キャラクターは見かけるのですが内容を知らないので観ました。

 幼児向けかと思いきや、こどもさんにはわからない部分もあります。
 英国のブラックユーモアがきいた歴史とか地理とかの知識も要る映画です。面白さは、ミスター・ビーンみたい。ロンドンの観光案内みたい。死刑、残酷、チェーンソー、大きな剣、イギリス風です。そして追いかけっこ。
 絵は、人間は細いか、足だけ細いか、顔は鼻が高い。
 ミニオンズとは、一つ目という固定観念をもっていました。二つ目もあります。劇中の言葉を借りれば、「黄色く輝くオーバーオールの使者(バナナが元のようです)」
 最後に出てきたペンギン小僧グルーはおもしろそう。
 ビートルズぽい、日本のおすもうさん登場、ミニオンズはかわいい、おもしろい。  

Posted by 熊太郎 at06:07

2018年09月12日

祈りの幕がおりる時 邦画DVD

祈りの幕がおりる時 邦画DVD 2018年公開

 「砂の器」パターンだと、事前情報を仕入れてしまったため、途中で筋立てに気づいてしまいました。

 進行が「説明」になってしまっています。
 東日本大震災と原発が重ねてあります。

 感動された方には申し訳ないのですが冷めて観ていました。  

Posted by 熊太郎 at05:54

2018年09月11日

くまのぷーさん 洋画DVD

くまのぷーさん 洋画DVD

 これまで観たことがなかったのでどんなものだろうと観ました。
 もっと大きなくまをイメージしていましたが、小さなこぐまでした。はちみつ好きなところは人間の2歳児ぐらいに見えます。中国の主席に似ているという話があるようですが、動画を見ると全然似ていません。
 物語は、ブレインストーミングのアイデア出しがすごい。ミュージカル風でもあります。
 全体的に穏やか、ゆったり、のんびりです。
 アルファベットの文字が道具になっています。
 ロバのイーオーが自分のしっぽをなくす。ぬいぐるみの持ち主である少年クリストファー・ロビンがでかける。彼が残したメモの内容を読み間違える。妖怪だか、怪獣だか、化け物だか、「すぐもどる」がみんなを攻撃する生き物扱いになる。ドタバタコメディタイプの内容でした。  

Posted by 熊太郎 at06:05

2018年09月10日

TIMELESS 朝吹真理子

TIMELESS タイムレス 朝吹真理子 新潮社

 28ページまで読みました。タイトルの意味は、「時間を失う」と受け取りました。37ページ付近に「わたしたちの時間はすり減ってゆく」とあります。和約は「永遠とか不朽。後世まで残る」。本作の場合現在と400年前が同時にこの場にある。
 舞台は東京です。
 400年前に火葬された江姫(ごうひめ。二代将軍徳川秀忠夫人。浅井三姉妹の末娘)と大学3年生のときに亡くなって火葬されたゆりちゃんが重ねてあります。1626年10月18日六本木。江姫本人は9月15日没。

 気持ちも感情もなく籍を入れた結婚があります。女性の名が「うみ」、男性の名が「アミ」互いに愛情はない。
 
 キーワードになるらしき単語として、「我善坊谷:がぜんぼうだに」

 ブランド物や小物、おしゃれな食事、食べ物の記事多し。

読めなかった漢字として、「烟:けむり。漢字検定みたいになってきました」

(つづく)

 主人公女性の「うみ」さんはどこかしら冷めている。周囲を見る目がしらけている。うみさんの親は親としての役割を果たさなかったし、今も果たしていない。映画マンマミーアと違って、パターンは同じでも本書の場合は暗い雰囲気がただよう。
 
 登場してくる人物の誰もかれもが幸せには見えない。対人関係に距離感があります。

 なんだか、本を読むというよりも言葉の意味調べに時間を費やしています。文章が長いので疲れてきました。山も谷もないお話で少々嫌気がさしてきました。

 広島、長崎、被ばく、妊娠、時代がときおり変わるような部分あり。パート1の部分を読み終えましたがなんだかよくわかりません。

 パート2の部分を読んでいます。まだ途中です。
 いちおうはパーと1とはつながっていますが、世代交代していて未来の話です。
 
 親のいない子ども物語

 9月6日北海道で大きな地震あり。この本を読んでいたら1804年象潟きさかた地震の記述に偶然出くわす。

 人の名前とは思えないような人の名前ばかり。

 読み終えました。内容を理解できずかなりつらかった。
 いろいろあるのですが、最初と最後の時間の時点は同じ場所で、途中は空想の世界ではないかと。400年前の人が名を変えて登場しているのではないかと。原爆の遺伝子のからみは理解できず。孤独を扱っていることは確実だろうと。
 広島、長崎、奈良吉野山ほか、だいたい行ったことがあります。ですのでイメージはしやすい。
 アルファベットの英語とかあと何語だろう。外国語文章がところどころあり。解説があるわけではないので作者と同じレベルがないと意味不明。
 作者の脳に浮かんでくる事柄を次々に紙に落としてあります。読み手は書いてあることを理解できずに途方に暮れます。
 ファミリーツリー(家系図)
 被爆者の子どもの遺伝子を気にしているのだろうか。
「○○、○○、○○」というこういう書き方が多いのが特徴です。

 調べた単語などとして、「プリーツスカート:縦線、ひだのあるスカート」、「泥んだ雪:なずんだゆき。泥混じりの雪ととらえます」、「茶毘所:だびしょ。火葬場」、「エアレーション:水槽で水中に空気を溶かし込む」、「猫又:想像上の怪獣。尾が二つ」、「恬として:てんとして。平然として」、「フルーツグラノラ:食べ物」、「寺田寅彦:戦前の物理学者」、「金彩:きんだみ。金箔で彩る」、「チェルノブイリの頃:1986年」、「道明寺の匂い:桜餅の匂い?」、「昏い目つき:くらい」、「縒りの強い雨:よりのつよいあめ。よったもの」、「色違いのバブーシュ:靴。モロッコの履物」、「オールブラン:シリアル食品」、「アマン:どこかわからない。ホテルチェーン?」、「キャミソール:細い肩ひもでつるした上半身の下着」、「はちわれの猫:顔面の毛の色が二色。八の字型に分かれる」、「不織布:ふしょくふ。フエルト。織られていない布」、「アラニン:アミノ酸」、「罅:ひび」、「シャガ:アヤメ科の多年草」、「西郷山公園:目黒区にある公園」  

Posted by 熊太郎 at06:06