2019年04月06日

せんろはつづく 竹下文子 鈴木まもる

せんろはつづく 竹下文子 鈴木まもる 金の星社

 表紙を見た瞬間「これはいい絵本」に違いないという予感がしました。
 せんろはつづく どこまでつづく どんなふうにつづく 発想が広がります。
 せんろの上を走るのは赤い蒸気機関車です。
 こどもたちの姿が「白雪姫と七人のこびとたち」のこびとたちに見えます。
 予想どおり、線路をつなげていく作業が描かれています。
 線路の先に次々と障害物が現れますが、ひとつずつ克服していきます。克服のしかたがいい。
 なかにはむずかしい課題もあります。読みながら、おとなもこどもも考えます。
 プラレールとイメージが重なります。
 幼稚園バスみたいな雰囲気の赤い蒸気機関車です。
 機関車は夕焼けの景色の向こうへ消えて行きました。ハッピーエンド。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t134077
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい