2019年01月18日

東野・岡村の旅猿 箱根日帰り温泉・下道の旅

東野・岡村の旅猿 箱根日帰り温泉・下道の旅 DVD 2014年平成26年5月

 ゲストのバカリズムという人がひとりで出てきて、わたしは知らない人で、コンビだと思っていたので、人の名前がバカリズムとはこれいかにと不思議な気持ちで見始めました。
 バカリズムさんの実家が、九州福岡の昔は炭鉱地域にあって、実家は、弁当屋をやっていて、子どもの頃は、積み木の代わりにかまぼこ板をあてがわれて、魚臭かったとか、高校時代野球をやっていて、学校そばで、酔っ払いがからんでくる土地柄だとか、ふるさとに背を向けたい意識が表面にありありと出ていたのですが、東野さんと岡野さんが車の中で教え諭し、実家に今から電話をかけなさいとか、小田原のかまぼこ屋では、かまぼこを実家に送りなさいとか指導して、三人各自が実家にかまぼこや干物を実際に送り、家族をつなぐメッセージをもつ1本に仕上がりました。
 8時30分頃スタートして、半日ぐらいかけて、自分たちでレンタカーを運転しながら、都内から箱根の芦ノ湖あたりまで移動しています。おいしいパン屋さん、川崎大師、鍾乳洞、ゴーカートと盛りだくさんで充実の旅でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t132826
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい