ゲティ家の身代金 洋画DVD 2018年公開

 身代金誘拐ものの映画でした。
 実話に基づくとあります。
 大富豪の老人が誘拐された孫のために身代金を払いません。
 なぜ、払わないのか。「ケチ」だからです。なにか、意味深な思想があるのかと思って観ていましたが、結局「ケチ」なだけなのです。言い訳としては、孫が14人いるからです。
 (なんだか、金銭に関する考え方が、今話題のカルロス・ゴーン氏と重なります)

 よくわからない映画でした。
 狂言誘拐は観ていて予想できました。
 その後の展開は、耳が切り取られるなど少々グロイ。
 金・金・金の映画です。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい