2018年10月28日

ゆらり 邦画DVD

ゆらり 邦画DVD 2017年公開

 3話連続方式で、親子の情愛を描きます。
 母の少女時代→母結婚後の息子の少年時代→母の母(祖母)のこと。
 2話目の息子話「神さまはいるかいないか」のラストは泣けます。

 自分は舞台をペンションだと思いました。
 思うようにいかない親子関係を修復する。
 デジャブ(既視感)のあたりが、もしかしたら、ホラー映画かもしれないと思わせてくれました。時間が巻き戻されるテレビのリモコンが道具として登場します。
 青木さやかさんのワンポイントが良かった。
 演劇を見るようでした。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい