劇場版ポケットモンスター みんなの物語

劇場版ポケットモンスター みんなの物語 映画館

 孫と一緒の鑑賞です。ポケモンのことはあまり知りません。

 冒頭はアメリカ・サンフランシスコを模した急な坂道とケーブルカーの景色です。海がきれい。
 全体的に油絵の風景のなかにマンガのキャラクターがいるような雰囲気です。
 色はきれいですし、鳥瞰図(ちょうかんず。鳥目線)的視野もいい。

 下地の知識がないために、筋立ての内容がわかりませんでした。観ている子どもたちにとっても筋立ては複雑な気がしますし、登場人物の言葉も大人の言葉です。しかし、それでいいのでしょう。こどもたちにとっては、知っているポケモンがたくさん出てきて、勧善懲悪でサトシとピカチュウチームがロケット団チームに勝てば胸がすっとするのでしょう。

 ルギア、バンギラス、ゼラオラ、イーブイ、ウソッキー、ソーナンス

 キーワードとして、「風」、「山火事」、「祭り」

 ピカチュウというポケモンはこんなに強いのかとびっくりしました。「電光石火」と言っていました。

 蛇足ですが、予告が30分ぐらい続いたので待ち長かった。

Posted by 熊太郎 at ◆2018年08月04日05:58DVD・映画

この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t130014
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい