2018年06月05日

神さまのカルテ 邦画DVD

神さまのカルテ 邦画DVD 2011年公開

 小説は読んだことがあります。読書感想文も書きましたが、データが残っていません。
 強い印象はなかった記憶です。

 映画は、まじめです。
 今となっては古い内容もありますが、昔は、長時間の診察待ちが、まん延していました。

 医師にとっての矛盾に感じること、苦闘が映像ににじみでた作品です。

 冒頭は、アルコール依存のことが流れます。酒をやめる気がない人は受診する必要もない。わざわざ受診して、酒をやめる気はないと主張するぐらいなら受診はいらない。病気になって、倒れて、痛い思いをしてみないと、身に染みてわからない。

 主人公ふたりの夫婦像は、ありえないような夫婦でした。

 救えない患者を救うことはできない。

 神様のカルテとは、役者が演じる医師が書いた診療の記録を言う。

 欠点(情にもろい。特定の患者に気持ちを入れこむ。)をもつ主役(医師)設定映画でした。

 櫻井翔 宮崎あおい 柄本明 原田泰造

Posted by 熊太郎 at05:20

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい