2015年03月12日

東京 御茶ノ水 湯島聖堂

東京 御茶ノ水 湯島聖堂

ニコライ堂のようなヨーロッパ調の建築物だろうと思っていましたが、違っていました。
中国の孔子を祀って(まつって)あるので、中国風、韓国風、京都御所で見た紫宸殿(ししんでん)風でした。記録を振り返ってみたら、もう5年間ぐらい京都を訪れていないことがわかりました。仕事、仕事の毎日が長らく続いています。
さて、この日、境内では、大学の学生さんたちが彫刻とか彫像に取り組んでおられました。一風変わった像がたくさんありましたが、撮り損ねました。



屋根の鳥さんが印象的でした。



孔子さんの像です。



白梅がきれい。



本堂部分から孔子像があるところへと徒歩で移動したのですが、土がむきだしの原生林のような地形でびっくりしました。
江戸時代の東京を思い浮かべながら、どこもかしこも都市化で、化学物質やガラスと化してしまったと少し嘆きました。


この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

過去記事