過去記事

2018年01月17日

授乳 村田紗耶香

授乳 村田紗耶香 講談社文庫

「授乳」
 まだ、読み終えていませんが、感想を書き始めてみます。
 新しい世界です。新鮮です。
 家庭教師と女子中学生直子の関係があります。中学生は下品で、家庭教師男子28歳はひ弱です。母親は神経質です。血液型A型のお母さんです。きちょうめん。母は父を軽蔑している。
 音へのこだわりがあります。家庭教師の足音です。
 ひ弱な家庭教師にはぞっとさせられます。彼は、リストカットの常習者です。

 思い浮かぶのは、「不幸を背負った女」。それは、母親です。

 なんだか、女性が、汚く描いてあります。だけど、珍しい。おもしろい。

(つづく)

 ポルノではありません。独特です。
 書中の言葉を借りると、無機質、味気ない。それから、腐った女。

 ルーズソックス。見なくなりました。

 主旨(主題)はわからない。しかし、いい感覚が読後に残る。

「コイビト」
 ポルノっぽい。流し読みです。ポルノではない。
 動物(ハムスター)との性行為に似た行為。動物にはカタカナで、ホシオという名前が付いている。発想がすごいなァ。

 印象に残ったセリフとして、「お姉さんて、なんでもめんどくさいんだねえ」

 社会とか、周囲の人間とかと、交流できない、適応障害の人が書いたような内容です。

「御伽の部屋」(おとぎのへや)
 タイトルの字が読めなかったので調べました。御伽:貴人の話し相手をする。
 毛が好きな作家さんです。
 22歳の佐々木ゆきが主人公で、彼女と男女の関係をするのが、関口要二22歳です。ふたりとも大学生です。

 そこにもうひとつのお話が出てきて、並行して同時進行していきます。
 こどもの話です。女装する正男君が登場します。ふたつの物語は、交互に現れ、不思議感をかもしだします。いろんな人がいます。奇異です。カタカナ文字の連続に読み手が圧倒される時間帯があります。

 登場人物は人間ではなく、綿(わた)の入った人形ばかりに思えました。独特な世界観の中で作者は創作活動をしています。いいも悪いもありません。好きか、嫌いかです。わたしは、80%ぐらい好きです。あとは、気持ち悪いです。  

Posted by 熊太郎 at 14:20Comments(0)TrackBack(0)読書感想文