2014年01月19日

ジャッジ! 映画館

ジャッジ! 映画館

 映画評を読んで、「笑える映画」という位置づけだったので観たくなりました。大爆笑とまではいかなくてもささやかに笑えました。見ず知らずの人たちと一緒に観る映写室では気を使ってしまい、なかなか爆笑できません。それでも一部のお客さんは大笑いをしていました。
 よくできた脚本です。長時間練りこまれたことがわかります。前半で、碁盤の目のように伏線を張りめぐらせ、後半でその結果を次々と披露していきます。敬服しました。(感心して尊敬の念を抱く)
 ジャッジ(判定)するのは、テレビコマーシャルの良し悪しで、コンテスト作品の募集は世界レベルです。いいものをいいと判定できないのです。ジレンマ(板ばさみ)の克服がテーマです。
 妻夫木聡さんが主人公太田喜一郎さんを味わい深く演じます。好演でした。途中で何度も「がんばれ!」と心の中で声援を送りました。映画全体に流れるのが、楽観的かつ前向きな姿勢です。逆風は反対を向けば「追い風」であり、ピンチはチャンスなのです。本職映画監督ではない人が監督だったようで、はじまりの映像はおもしろい。審査1日目・2日目・3日目という区切りをつけて、コマーシャルを連続的につなげたような映像ですが、テンポよく、アッという間の2時間で堪能(十分満足)しました。
 雑多な感想を続けて終わります。
 若い男女のLOVEはぎこちなかった。女性はことに前半、主役に対して厳しすぎた。後半は別人のようでした。主人公の上司はセリフの言い回しがベタ(平坦)で、最初はおもしろかったけれど、だんだん、ワンパターンで先読みできてしまい飽きました。まあ、作品中では悪党の役柄です。ブラジル人の設定の俳優さんは感じが良かった。作品中の自動車会社のコマーシャルは心がこもっていて良かった。エンディングで流れていたサカナクションというグループの歌が良かった。

(その後)
 テレビコマーシャルを気持ちをこめて見るようになりました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t96839
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい