2013年03月19日

ハウルの動く城 DVD

ハウルの動く城 DVD

 たまたま音楽大学学生さん5人による弦楽五重奏を聞く機会がありました。プログラムを見ながら、たいへん美しい曲があり、演奏終了後すぐにCDを買いに行きましたが、クラッシクコーナーには、探しものの曲はありませんでした。曲のタイトルは「世界の約束」です。そのときは、どういう約束なのかはわかりませんでした。
 帰宅してインターネットで調べたところ、クラッシック曲ではなくて、アニメのテーマソングであることがわかりました。今度はDVDを買いに出かけて、標題のアニメDVDを手に入れました。
 曲を聴くことが目的でした。アニメをひととおり見ましたが、ストーリーはじめ、主人公女子ソフィーが若くなったり年寄りになったり、相方のハウルが鳥になったり、戦争になったり、お花畑になったり、物語の意味はとれませんでした。それよりも曲が聴きたくて、ラストシーンが終わったあとの製作者の人たちの名前が流れる場面ばかりを見ていました。
 思うに「世界の約束」とは、平和の維持です。曲調は哀愁を帯びていて、小学生の頃に読んだ「小公女」だったか「小公子」、ヨーロッパのジプシー音楽を思い浮かべます。繰り返して押し寄せる海からの波のようです。買い物などに行ったときに気をつけていると百貨店やスーパーのBGMとして流れていることもあります。息の長い曲になってほしい。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t89054
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい