2010年10月21日

サトラレ ドラマ DVD

サトラレ ドラマ DVD

 10年ほど前、マンガを基(もと)にしたこういう内容の映画の脚本があるという話を聞いたことがあります。脚本を読んだかもしれませんが内容は忘れました。今回、見る前と見た後では予想に反してかなり違いがありました。映画とドラマがあるようで、登場人物の設定は双方かなり異なるようです。
(見る前)
 「悟られ」ではなく、「悟る」と誤解していました。まわりにいる人間の心のつぶやきが聞こえてしまう。そのことで悩む。内容は暗く、サスペンスとかミステリーとかホラーを想像しました。
(見たあと)
 「悟る」ではなく、「悟られる」でした。自分の心のつぶやきが、まわりの人たちにぜんぶわかってしまうのです。内容はコメディタッチでした。
 悟られてしまう男子が里見健一さん、20代医師です。サトラレ君と呼ばれる里見健一さんの人生は不幸です。かわいそうにもなります。彼に相手にされないけれど、彼に気がある星野Dr.の役柄には趣(おもむき)があります。彼女には悲しみに満ちた男性遍歴の過去があります。きれいで汚れ(けがれ)のない人生なんてないのです。人はみな、秘密を隠しながら笑顔をつくって生活しています。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t59006
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい