2010年08月19日

カイジ DVD

カイジ DVD

 俳優さんのことはよくわかりませんが、デス・ノートに出ていた藤原竜也くんと松山ケンイチくんの名がDVDのケースにあったので見ました。
主人公の若い男性の名前が「カイジ」です。サラ金の借金をかかえた無職、いわゆるプータロウです。何の仕事をやっても続かない。覇気のない青年という設定です。冒頭から人間のクズ扱いです。
 物語は、借金返済ができない男たちを集めて、彼らに命をかけたマネーゲームをさせ、その様子を見世物にして利益を得ようとする法人組織を描きます。ゲームは単純なカードゲームです。最後は、ポーカー方式で心理戦になります。勝負に負けると奴隷になるのですが、奴隷が働くのは、一般的にもある地下の仕事であり、疑問をもちました。ただし、給与の支給基準は過酷なものであり、一生その労働から抜け出せないというものでした。また、彼らは地下で何を建造しているのか興味をもちましたが、最後までその説明はありませんでした。
奴隷たちの戦いを見世物にする手法は、洋画をはじめとして過去の映画でもあったことで珍しいものではありません。ギャンブル(賭け)の映画です。最後のカード対決は画面の前で釘付けになりました。カイジと会社の幹部がいつ「奴隷」と「皇帝」のカードを切るのか、自分も考えをめぐらせながらハラハラドキドキしました。面白い娯楽作品です。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t56953
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい