2010年03月08日

奈良県 法隆寺、中宮寺

奈良県 法隆寺、中宮寺

前回来た時は、駅前のレンタサイクルを利用しました。歩道が狭くて苦労しました。今日はマイカーです。信貴山寺(しぎさん、朝護孫子寺ちょうごそんしじ)を出たあと山を下りました。麓(ふもと)の国道168号線、法隆寺へ向かう道は渋滞でした。また、帰路の法隆寺から西名阪自動車道の法隆寺入口までも混雑していました。奈良のひとたちは、休みのたびに道路が渋滞するので気の毒です。
法隆寺前にあるiセンターというところをカーナビで設定して向かいました。その日はそこでイベント実施中で駐車ができませんでしたが、隣接したおみやげ屋さんの駐車場にすんなり駐車できました。500円で、1000円以上おみやげを買うと500円が戻ってきます。わたしは、せんとくんのぬいぐるみみたいな人形さんをおみやげに買いました。せんとくんはデビュー当時に物議をかもして、わたしも眉(まゆ)をひそめましたが、いまとなっては、とっても可愛い。






次の写真は金堂です。



次の写真は夢殿です。これまでにも見たことがあるのですが、この日は、夢殿がとても大きいということに今になって気づきました。いつも何を考えながら見学していたのだろう。夢殿という名付け方がいい。



次の写真は中宮寺です。
仏さまは、黒いブロンズ像のように見えるのですが、木造だと思います。ここの仏さまと京都市広隆寺の指を口元に運んでいるちいさな弥勒菩薩(みろくぼさつ)とは似ています。両方見たことがあるのですが、見る前はかなり期待して、ロマンをかきたてられたのですが、実際に見てみると、いずれの菩薩さまもわたしの好みではありませんでした。ひとそれぞれ好き好きがあります。



顔が細長い仏像とか(聖徳太子の顔なのか、仏さまなのかはわかりません。わたしはいわれや名称などを覚えるまではできず、自分で勝手に名前をつけて自分の世界にひたります。)、玉虫厨子(たまむしのずし、仏具、とても大きい)を見ることができてよかった。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t50673
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい