2016年02月09日

阪急電車 邦画 DVD

阪急電車 邦画 DVD

 小説は読んだことがあります。映画を観たのは初めてです。

 中谷美紀子さんと「助けて」とつぶやいた少女(私立小学生)とのプラットホームでのやりとりに感涙しました。
 たぶん女性向けの映画なのでしょうが、男性が観ても楽しめます。ことに傍若無人なふるまいを続けるおばさんグループに対する、おばあさんの怒りと喝がよかった。
 軍事おたくの男子大学生と野生植物おたくの女子大学生との恋はしあわせ感満載で心が満たされました。クリスマスの夜、女子が、友達がくれたコンちゃんを手にしたあと、神妙になったふたりの様子がかわいらしくてよかった。

 「気持ち」を大切にしながらなんとか生き続けていく。
 劇中の趣旨として、「自分と価値観が違う人は離れたほうがいい。無理につきあいを続けていると心が折れる」みたいなメッセージがよかった。

 出演者の方々は、それぞれ、女優さん、男優さんの顔と雰囲気をもっておられます。見ていて安心感がありました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t114827
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい