2015年10月31日

Love Letter ラブ・レター 邦画 DVD

Love Letter ラブ・レター 邦画 DVD

 ふたりの「藤井樹(いつき)」がいます。ひとりは男で、もうひとりは女で、ふたりは中学時代同じクラスでした。
 大人になった男の藤井樹は山で遭難死しました。彼には婚約者がいました。
 婚約者と女性の藤井樹を中山美穂さんが二役で演じます。彼女の魅力を満載した映画でもあります。幻想的な愛です。
 男は、昔好きだった自分と同じ名前のそっくりな女性(婚約者)に会って恋をした。

 後半近くの30分間はいらなかった。でも、ラストシーンは必要だった。ラストは良かった。

 透きとおった「純愛」でした。亡くなった人への思いが、あまりにも切ない。

 手紙のやりとりが、手書きの手紙ではなく、いまはもう見かけなくなったワープロだったのでなつかしかった。思えば、急激な技術変化を体験したこの20年間でした。もう新しい技術にこれ以上ついていけない年齢にまで達してしまいました。映画は95年の作品でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t112781
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい