2015年09月30日

下妻物語 邦画 DVD

下妻物語 邦画 DVD

 下妻市(しもつま)は東京都内にある市と誤解していました。茨城県内の市でした。ファッションのお話と受け取りました。
 なかなかおもしろい。深田恭子さんのひとり語りで物語は進行していきます。土屋アンナさんとのコンビもいい。何もしゃべらないけれど、樹木希林さんの雰囲気もいい。土屋アンナさんと梅宮アンナさんは同一人物だと思っていたわたしはおばかです。

 18世紀フランスロココ風(お金持ちでお暇なご婦人たちの優雅なファッションと受け取りましたが、悪い意味では紹介されていません。)とロリーター風(幼い女子)のセットが深田恭子さん演じる桃子さんとスケバン風だけれど貧乏層な原付バイク乗り暴走族の土屋さんです。
 ありえないカップル(女子同士ですが)、組み合わせが成功しています。
 自由奔放なところがとてもいい。

 ジャスコを讃えるところが、なんとなくよかった。この当時、日本全国で見られた田舎の風景です。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t112216
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい