2015年09月07日

ブリジッドジョーンズの日記 洋画 DVD

ブリジッドジョーンズの日記 洋画 DVD

 イギリス映画でした。
 自分にとっては、なんとも不可解で不思議な世界でした。
 独身歴32年の主人公がブリジッドです。全体としては、三角関係のラブコメディです。ブリジッドは、ヘビースモーカーでアル中のようにアルコールをたしなみます。体重は63キロぐらいで重い。禁酒禁煙減量が目標です。最初から最後まで喫煙シーンが続くので、スポンサーがタバコ会社かもしれません。
 下ネタも多い。クルド人のことは何のことかわからない。部屋はなんだか不衛生。30代の独身女性が多いのはなぜかとか、36歳よ、これが子どもを産める最後よ、みたいなセクハラ言葉も多い。離婚した日本人妻は残酷というのは、日本人全体をきらっているようにも聞こえる。ブリジッドの両親も三角関係で、母親は男の元へ走る。
 ブリジッドはいいように遊ばれているようにもみえる。みじめな環境にもさらされる。されど、ハッピーエンドです。「ありのままの君が好き」変わろうと無理に努力しなくてもいい。そこが受けるツボでしょう。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t111765
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい