2015年09月06日

25年目のキス 洋画 DVD

25年目のキス 洋画 DVD

 25年間恋人になった男性とキスをしたことがない25歳の雑誌記者ジョージ・ゲラーが、潜入取材で高校3年生になるという、表向き、ラブコメディですが、実は、学校でのいじめを克服するためにがんばるメッセージ性の高い映画です。

 舞台はアメリカ合衆国シカゴです。全体をとおして、アジア人である自分にはぴったりこない世界でした。感覚が全然違います。
 高校3年生なのに彼らは受験勉強をしている様子がありません。アメリカの大学は入りやすく、卒業しにくいシステムです。それから、新学期は9月開始です。
 朝、登校時に持ち物検査を受ける。刃物ほか、凶器になるものは没収される。銃社会を気にしない感覚が麻痺した部分があります。
 25才の女性が17歳の高校3年生を演じることも苦しい。
 神聖な野球のマウンド上で、ラブごっこをするのもいただけない。
 登場人物たちは、理屈なく、衝動で行動します。

 女子の世界を描いた映画ですが、下ネタ満載です。愛は「行為」なのです。

 テレビ番組「モニタリング」のようなやり方で、記者の取材風景が複数のひとたちの目にさらされます。

 「プロン」の意味がわかりませんでした。
 調べました。学年最後に行われるダンスパーティでした。プロンではなくて、プロムでした。
 やはり、日本の庶民の高校生とは違います。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t111728
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい