2015年08月30日

プリシラ 洋画 DVD

プリシラ 洋画 DVD

 ゲイを扱ったコメディかつヒューマンMOVIEです。
 舞台はオーストラリアで、シドニーから大陸の中部にある砂漠の町、アリススプリングスをプリシラ(砂漠のクィーンという意味)と名付けた旧スクールバスに乗って、ゲイ3人が目指します。

 なんだろう。この悲しみは。
 女性に生まれるはずだったのに、男に生まれた悲しみです。
 男女のジェンダー問題を超えて、「自由」についてさえ考えさせられる映画でした。

 全体はコメディなので、笑いのシーンが多い。
 ただ、日本人なので、ジョークは理解できないことも多い。
 下ネタ満載です。
 ゲイのみなさんは、いっけん怖そうに見えるけれど、繊細で、ひ弱で、もろい。

 音楽、とくに、アバにこだわりがあります。
 ショーダンスシーンも多い。
 そして、オーストラリアの絶景とか、アボリジニ、シドニーオリンピックが思い出されます。
 ゲイのことも含めて、オーストラリアだからつくれたMOVIEでした。

 ロードムービー(旅の経過とともに、登場人物たちが人間として成長していく)でした。

 94年、オーストラリア映画でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t111597
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい