2012年01月21日

野間大坊(鶴林山無量寿院大御堂寺)

野間大坊(鶴林山無量寿院大御堂寺かくりんざん むりょうじゅいん おおみどうじ)

ご祈祷の火柱が立っていました。



人はみな、砂のひと粒にすぎない。






今は黙している(もくしている。しゃべらない)



人は、この枠の中でしか生きられない。



愛知県の知多半島にあるお寺さんです。
NHK「平清盛」と関係があるらしく、源義朝(頼朝の父)の旗が立っています。



道は四角で、人は四角道を回る。
回り終えると砂に戻る。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t74992
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい